【簡単】教員採用試験 おすすめの「勉強方法」を4ステップで解説!

東京都教員採用試験 これで完璧!集団面接の傾向を公開中

東京都教員採用試験 集団面接のテーマ

東京都の教員を目指す人

  • 集団面接って、どんな内容?
  • どんなことがテーマになっているの?
  • 具体的な対策法が知りたい

このような悩みを解決できる記事を書きました!

この記事では、東京都教員採用試験の「集団面接」をテーマに書いています。記事を読むことで東京都の集団面接の傾向や気を付けるべきポイントを理解できますよ。

集団面接は個人面接と違って、気を付けておかなければいけないポイントが多くあるので是非、読んでおきましょう。

【二次試験】東京都教員採用試験 「集団面接」の傾向

東京都の二次試験で「集団面接」が実施されます。

注意

「集団面接」と記載があります。しかし、内容は『集団討論』なので注意しましょう。

実施要綱を見ている人は「指定された課題について、受験者間の話合いや質疑応答を行う。」と書いてあるので集団討論があると分かったはずです。

面接の基礎情報
  • 試験時間:40分
  • 人数:5人程度
  • 面接官:3人

集団面接(討論)は1グループ5人、試験時間40分を使って行われています。

面接を通して、次の項目を評価しています。

  • 「教職への理解」
  • 「教科等の指導力」
  • 「対応力」
  • 「将来性」
  • 「心身の健康と人間的な魅力等」

筆記試験では見ることのできない、受験者の人間力を見る試験です。

東京都教員採用試験 集団面接の流れ

STEP1
テーマの発表

面接官より「受験者間で話合う」テーマが発表されます。話合うテーマは、後述<集団面接のテーマ>を参照。

STEP2

テーマが発表されると、2分間考える時間が与えられます。

 

考えるときのポイントは2点。

  • 『自分の考えを必ず入れること』
  • 『具体的に考えること』

 

考えた人から意見を1分30秒で発表します。

 

時間が決まっているので、時間オーバーには注意が必要です。『時間内にまとめる力』も評価されていると思いましょう。

STEP3
討論

全員が意見を出し終えたら、出た意見に対して話合いを行います。

 

最終的にグループの意見を1つにまとめて終了します。

 

時間内にまとめることができないと評価は下がるので気をつけましょう。

東京都教員採用試験 集団面接のテーマ

実際に集団面接で出された過去問(テーマ)をまとめています。参考にしてください。

2019年(令和2年度)

・基本的な生活習慣に関すること
・学びに向かう力に関すること
・基礎的・基本的な知識・技能の習得に関すること

2018年(平成31年度)

・基本的な生活習慣に関すること
・学びに向かう力に関すること

2017年(平成30年度)

・他人を思いやる心や生命を尊重する心に関すること
・積極的に社会参画できる力に関すること

東京都教員採用試験 集団面接の対策

教員を目指している人

  • 集団面接って、どんな対策をすればいいの?
  • 気を付ける注意点とかある?
  • どうすれば評価はあがるの?

こういった悩みを持っている方におすすめの記事を2つ紹介します。役に立つはずです!

集団面接の攻略

教員採用試験「集団面接」のコツ 【対策】教員採用試験 集団面接のポイントは「短答・簡潔」がすべてです。

集団討論の攻略

教員採用試験「集団討論」のポイント 【攻略】教員採用試験の集団討論で評価を上げる方法、下げる方法

東京都の集団面接は「集団討論」です。

集団討論で重要なことは「協力」「リーダーシップ」「コミュニケーション能力」の3つ。

普段から誰とでも話せるスキルを磨くようにしましょう!