【簡単】教員採用試験 おすすめの「勉強方法」を4ステップで解説!

栃木県教員採用試験 合格するための情報まとめ

この記事では「栃木県教員採用試験」の概要を簡単にまとめています。

はじめて受験する人も、受験経験がある人も必要な情報です。

栃木県教員採用試験 求める教員像

教員採用試験は自治体ごとの実施されています。

そのため、自治体ごとに「求める人物」は異なっています。

受験する以上、どんな人が求められているのか確認することは必須です!

栃木県では3つの要素を求める教員像としています。

栃木県では「自身と誇りをもって子どもたちと向き合える教師」を求めています。

  1. 人間性豊かで信頼される教師
  2. 幅広い視野と確かな指導力をもった教師
  3. 教育的愛情と使命感をもった教師

面接試験でも内容を聞かれることがあるので、必ず覚えておきましょう!

栃木県教員採用試験 日程

ここでは採用試験の出願〜最終合格までの流れをまとめています。

2020年(令和3年度)

受付期間 4月20日~5月8日
一次試験 7月11日、12日
一次試験合格発表 8月4日
二次試験 8月20日〜24日の間で指定された日
最終合格 10月中旬

栃木県教員採用試験 流れ

全国の日程を「【2021年度版】教員採用試験 日程一覧|全国の試験日を掲載!【2020年試験】」でまとめています。併願などを考えるときの参考にどうぞ!

2019年(令和2年度)

受付期間 4月19日(金)~5月9日(木)
一次試験 【学力試験】7月7日(日)
【実技試験】7月13日(土)
【面接試験】7月14日(日)
一次試験合格発表 8月5日(月)
二次試験 【作文・適性検査・集団討論】8月18日(日)
【個人面接】8月19日(月)、20日(火)のいずれか1日
【実技試験】8月21日(水)、22日(木)のいずれか1日
最終合格 10月中旬

栃木県教員採用試験 年齢制限

ここでは、採用試験を受験できる年齢要件をまとめています。

2020年(令和3年度)

  • 昭和51年(1976年)4月2日以降に生まれた人

👉全自治体の年齢要件を「教員採用試験に年齢は関係ない?【全国の年齢制限一覧】」でまとめています。

2019年(令和2年度)

  • 昭和50年(1975年)4月2日以降に生まれた人

栃木県教員採用試験 募集教科と採用人数

ここでは募集される教科(科目)と採用予定人数をまとめています。

2020年(令和3年度)

校種 科目 採用予定数
小学校 430
中学校(注1) 国語 若干
社会
数学
理科
音楽
美術
保健体育
技術
家庭
英語
高等学校 国語 70
地理
歴史
公民
数学
物理
化学
生物
音楽
保健体育
家庭
福祉
英語
農業
電気
機械
土木
商業
情報
特別支援学校 40
養護教諭 小・中学校 25
高等学校・特別支援学校 若干

2019年(令和2年度)

校種 科目 採用予定数
小学校 380
中学校(注1) 国語 若干
社会
数学
理科
音楽
美術
保健体育
技術
家庭
英語
高等学校 国語 70
地理
歴史
公民
数学
物理
化学
生物
音楽
保健体育
家庭
英語
農業
電気
機械
建築
商業
理療
特別支援学校 35
養護教諭 小・中学校 20
高等学校・特別支援学校 5

栃木県教員採用試験 一次試験の内容

ここでは一次試験の内容や傾向などをまとめています。

試験内容は次のとおり。

  • 一般教養
  • 専門科目
  • 実技試験

栃木県教員採用試験 一般教養の傾向

教員採用の教養試験は「教職教養」と「一般教養」に分類されますが、栃木県では「教職教養」「一般教養」の両方から出題となっています。

MEMO
  • 試験時間:50分
  • 問題数:50問

試験時間50分で問題数は50問です。単純に考えて1問1分で解かないと時間切れになるので注意しましょう。

具体的な勉強法を「【勉強法】栃木県教員採用試験 教養は最低50点!勉強すべきは3科目」で解説しています。

栃木県教員採用 教養の過去問 【勉強法】栃木県教員採用試験 教養は最低50点!勉強すべきは3科目

栃木県教員採用試験 専門科目の傾向

自分が担当する教科(科目)に関する専門的知識を問う筆記試験です。

勉強法を「5分でわかる!教員採用試験の専門教養で70点をを確実にとるための勉強法!」で解説しています。

教員採用試験「専門科目」の勉強法 【勉強法】教員採用試験 専門教養で70点を確実にとるテクニック

栃木県教員採用試験 実技試験

音楽、美術、保健体育を志望する人を対象に実施されます。

専門科目に関して知識や指導力を見る技能試験です。

栃木県教員採用試験 二次試験の内容

ここでは二次試験の内容や傾向をまとめています。

試験内容は次のとおり。

  • 作文試験
  • 集団討論
  • 個人面接
  • 実技試験

栃木県教員採用試験 作文試験の傾向

作文試験の特徴は「生徒指導」と「教師としてどうするか」について問われます。

生徒指導では教職教養の知識がないと書くことは難しいです。

MEMO
  • 試験時間:50分
  • 文字数:600字〜1000字

作文の試験時間は50分で、600字以上、1000字以内。

作文は3人の試験官で添削をおこない、2名にC評価をつけられると不合格となります。

作文試験のテーマ(過去問)

作文のテーマをまとめています。練習に使ってみましょう!

✔︎2019年(令和2年度)

社会の進歩や変化が急激に進む中,今の子供たちには,予測困難な社会を生き抜いていく力が必要とされている。このような力を子供たちに身に付けさせるために必要な教員の資質能力とは何か,また,その資質能力を身に付けるためにどのような取組をしていくか,具体的に書きなさい。

✔︎2018年(平成31年度)

児童生徒にとって「魅力ある教師」とはどのような教師だと思いますか。また,あなたがそのような教師になるために,どのような研鑽を積んでいきたいか,具体的に書きなさい。

✔︎2017年(平成30年度)

「友人関係で悩みを抱えた児童生徒への指導」について,あなたが大切だと考えることは何か。その理由も含めて書きなさい。また,そのことに関し,「他の教職員との連携」という視点に立ち,あなたが教員として取り組んでいきたいことは何か,具体的に書きなさい。

✔︎2016年(平成29年度)

道徳教育は、学校の教育活動全体を通じて行うものです。児童生徒の道徳性を養うために、あなたが最も重要だと考えることは何か、その理由も含めて書きなさい。また、そのことに関し、あなたが教員として、取り組んでいきたいことは何か、具体的に書きなさい。

✔︎2015年(平成28年度)

児童生徒や保護者はもとより、広く社会から信頼される教員であり続けるために、あなたがもっとも大切だと考えることは何か。その理由も含めて書きなさい。また、そのために、あなたは、教育活動の中で、具体的にどのような取組をしていきたいか、書きなさい。

👉書き方やポイントを「「書けない」から「書けた!」に|「教員採用試験 論文」の極め方ガイド」で解説しています。

教員採用試験 論文試験の勉強法 「書けない」から「書けた!」に|「教員採用試験 論文」の極め方ガイド

栃木県教員採用試験 集団討論の傾向

集団討論は簡単にいえば「テーマについてグループで意見交換をしながら課題を解決する試験」です。

面接官には民間企業の人事担当者や行政職員も含まれているので覚えておきましょう。

集団討論の流れ

  1. 試験のまえに討論テーマが発表
  2. テーマについて自分の考えをまとめる(5分)
  3. 討論に関する注意事項の提示
  4. 集団討論を行う

集団討論の注意点

  1. 発言は短く具体的に(1分以内)
  2. メモ用紙は試験後回収される(評価には影響しない)
  3. 司会は立てずに行うこと。

集団討論のテーマ

いつも仲の良いAとBですが,ある時AがBをからかっていました。その様子を一度担任が見ていましたが,その時は注意をしませんでした。また別の日に同じことをしていました。あなたはBに話を聞きますか、聞きませんか。

仲良しのAとBがいます。AとBが遊んでいる様子を見ると,BがAをからかっていました。翌日,AとBが遊んでいる様子を見ていると,またBがAをからかっていました。しかし,Aは嫌な様子をみせていません。あなたは様子を見ますか。それともAに声をかけますか。立場を明確にして討論してください。

A君とB君は仲良しです。B君が転校するため,A君はB君との思い出作りにマラソン大会に出ようとしています。A君はあなたに、一緒に走るべきか,それとも優勝を目指すべきかと相談してきました。あなたはどのように対応しますか。ただし,A君には優勝する力は十分にあるとします。

👉【攻略】教員採用試験の集団討論で評価を上げる方法、下げる方法でポイントをまとめています。

教員採用試験「集団討論」のポイント 【攻略】教員採用試験の集団討論で評価を上げる方法、下げる方法

栃木県教員採用試験 個人面接の傾向

個人面接のなかで、「場面指導」がありまして、1番評価に直結する項目です。

場面指導とは実際の教育現場で起こっている問題に対して実技指導する試験です。

教職教養の知識と表現力が必要な試験なので受験者によって差がつきます。

質問内容や対策法を「栃木県教員採用試験 個人面接の内容は過去問から90%【質問公開】」で公開しています。

栃木県教員採用 個人面接で質問されたこと 栃木県教員採用試験 個人面接の内容は過去問から90%【質問公開】

栃木県教員採用試験 倍率

最新の倍率から過去の倍率までまとめています。

倍率の上昇・低下、推移などの確認をしてみてください。

2019年(令和2年度)の倍率

校種 科目 受験者 合格者 倍率
小学校 759 292 2.6
中学校 国語 73 31 2.4
社会 102 25 4.1
数学 80 30 2.7
理科 51 23 2.2
音楽 32 7 4.6
美術 10 6 1.7
保健体育 181 25 7.2
技術 7 3 2.3
家庭 13 6 2.2
英語 63 28 2.3
小・中 養護教諭 103 33 3.1
高等学校 国語 45 13 3.5
地理 6 1 6.0
歴史 41 6 6.8
公民 15 2 7.5
数学 76 14 5.4
物理 17 2 8.5
化学 12 3 4.0
生物 20 3 6.7
音楽 13 2 6.5
保健体育 89 15 5.9
家庭 22 5 4.4
農業 21 2 10.5
工業(機械) 12 3 4.0
工業(電子) 7 1 7.0
工業(建築) 5 1 5.0
商業 20 2 10.0
理療 1 1 1.0
英語 48 11 4.4
特別支援学校 128 40 3.2
養護教諭 20 5 4.0

2018年(平成31年度)の倍率

校種 科目 受験者 合格者 倍率
小学校 810 281 2.9
中学校 国語 66 18 3.7
社会 121 15 8.1
数学 88 20 4.4
理科 52 21 2.5
音楽 30 10 3.0
美術 22 6 3.7
保健体育 190 26 7.3
技術 7 4 1.8
家庭 13 4 3.3
英語 70 19 3.7
小・中 養護教諭 114 24 4.8
高等学校 国語 46 10 4.6
地理 2 0
歴史 53 9 5.9
公民 17 2 8.5
数学 83 11 7.5
物理 20 1 20.0
化学 13 3 4.3
生物 22 4 5.5
音楽 14 2 7.0
保健体育 118 11 10.7
家庭 21 5 4.2
農業 20 4 5.0
工業(機械) 13 3 4.3
工業(電子) 10 1 10.0
商業 21 2 10.5
理療 3 1 3.0
英語 48 11 4.4
特別支援学校 143 32 4.5
養護教諭 22 5 4.4

2017年(平成30年度)の倍率

校種 科目 受験者 合格者 倍率
小学校 842 294 2.9
中学校 国語 72 22 3.3
社会 122 21 5.8
数学 98 18 5.4
理科 59 16 3.7
音楽 30 9 3.3
美術 10 2 5.0
保健体育 194 15 12.9
技術 6 2 3.0
家庭 20 4 5.0
英語 79 21 3.8
小・中 養護教諭 127 20 6.4
高等学校 国語 52 10 5.2
地理 6 3 2.0
歴史 49 9 5.4
公民 14 2 7.0
数学 84 11 7.6
物理 20 4 5.0
化学 18 2 9.0
生物 26 3 8.7
音楽 17 2 8.5
美術 16 1 16.0
書道 15 1 15.0
保健体育 109 10 10.9
家庭 22 3 7.3
農業 24 3 8.0
工業(機械) 13 3 4.3
工業(電子) 12 1 12.0
工業(建築) 4 1 4.0
商業 22 4 5.5
英語 55 13 4.2
特別支援学校 153 36 4.3
養護教諭 20 5 4.0

栃木県教員採用試験まとめ

サクッと栃木県教員採用試験の概要をまとめてきました。

試験のことが少し分かったのではないでしょうか。

合格するには対策が必要です。少しずつでいいのではじめていきましょう!