【簡単】教員採用試験 おすすめの「勉強方法」を4ステップで解説!

滋賀県教員採用試験 個人面接で大切な2つのポイント【質問内容あり】

滋賀県の教員を目指す方、どうも福永( @kyosai365)です。

この記事では「個人面接で大切な2つのポイント」というテーマで対策方法を解説していきます。

福永

記事を書いている僕は、大学等で教員志望者に指導しつつ、月間アクセス数15万〜30万の情報ブログ「Road to Success」を運営しています。キャリアは11年目になりました!

受験者から提供してもらった貴重なデータ(質問内容)なども公開しているため、有益だと思いますよ!

それでは、見ていきましょう!!

滋賀県教員採用試験 面接の特徴3つ

面接で知っておくべき特徴をまとめています。

特徴①:バウムテスト

面接が始まる前にバウムテストを実施します。

バウムテストは一本の木を描くことによって、その人の心の内面を判断することを目標に作られた検査です。

書いたバウムテストについても質問されているので、覚えておきましょう!

✓面接の質問例
・バウムテストでは、どんな木をイメージして書きましたたか。
・バウムテストについて、どこから描きました。

特徴②:試験時間と面接官

個人面接は3人の面接官から質問されます。

試験時間は15分ほど。

特徴③:面接の評価

面接官1人10点×3人=30点満点で評価されます。

二次試験の合計が50点なので、けっこう重要かと。

合格を目指すには平均よりちょい上(21点~)を目指さないと厳しいですよ!

滋賀県教員採用試験 個人面接で必要な2つの対策ポイント

個人面接の対策も筆記試験と基本は同じです。

筆記試験はどうやって対策しましたか?

過去問を見て、傾向を掴み、問題をたくさん解いたのではないでしょうか。

面接も基本同じです。

自己分析するにしても、何をどうすればいいか不明ですよね。

だからこそ、過去に聞かれた質問を見て、「自分ならどう答えるか」「答えるためには、何をしないといけないのか」を知ればいいのです。

ポイント①:質問された内容を公開します!

実際に試験で聞かれている内容を129個公開します!

貴重なデータなので、参考にどうぞ!

  • 1年目に最も身に付けたい力は何ですか。
  • あなたのセールスポイントは何ですか。
  • いじめについて。担当するクラスでいじめが起こったらどうしますか。
  • 今までの担任経験を教えてください。
  • 学校での休み時間はどうしていますか。
  • 緊張していますか。
  • 講師経験について学んだことは何ですか。
  • 採用されたら、滋賀の教育のどこを良くしたいですか。
  • 滋賀県を志望する理由は何ですか。
  • 1~6年生まで担任することになりますが、できますか。

こういった質問に箇条書きでもいいので、自分の考えを書いてみてください。

ポイントは「Why」です!

福永

あなたのセールスポイントは何ですか

 

 

何事も諦めずにやること

琵琶湖

 

 

福永

Why(どうして、それがセールスポイントなの?)

 

 

〇〇だから。

琵琶湖

みたいに深堀していくと根拠のある内容になります。

これをたくさん用意しておけば、面接の下準備はOKかと。

残り119個の質問内容を「滋賀県教員採用試験 個人面接の過去問|聞かれた質問129個を公開!」で公開しています。活用してくださいね。

CHECK NOW

滋賀県の面接で質問された内容を見る

ポイント②:実践練習

下準備が出来たら、必ず伝える練習をしましょう!

なぜなら、考えた内容を面接官が理解出来て評価されるからです。

例えば、「俺は、素振りを1000回毎日やっているぜ!」という人が、いきなり試合に出てホームランを打てると思いますか?

確かに素振りを1000回やっていることはすごくても、本番で打てる根拠はゼロですよね。素振り1000回を続けて、バッティングセンターで練習しておけば、可能性は高くなるはず。

面接も同じで、話す内容を多く考えた後、それを伝える練習をしなくては意味がないのです。

だから、必ず実践を通して伝える練習をしてくださいね。

まず、自己分析で自分の強みや志望動機を考える、そして伝える練習をする。

これで面接対策はバッチリですよ!

関連記事滋賀県教員採用試験 個人面接の過去問|聞かれた質問129個を公開!

関連記事【合否に直結】教員採用試験 個人面接が上手な人は受かりやすい

面接はなんとなくです。

極論をいえば、面接は雰囲気です。

どれだけすごい経験や実績があっても、それを伝える人間の印象が良くないと評価はあがりません。

逆に、たいした経験を持っていなくても、人間力が強いと評価は高くなります。

考えれば分かるけど、人間が人間を短時間で評価する試験ですからね。15分くらいで、受験者の教育観や協調性など理解することは不可能です。

だとすれば、対面したときに感じる雰囲気(印象)が全てということも納得できるのではないでしょうか。

そこを踏まえて面接対策をしていきましょう!まずは自己分析からですね。

関連記事滋賀県教員採用試験 個人面接の過去問|聞かれた質問129個を公開!

関連記事教員採用試験 願書の書き方次第で合否が決まる理由とは