【簡単】教員採用試験 おすすめの「勉強方法」を4ステップで解説!

【テーマ公開】2分で分かる、埼玉県教員採用試験 集団討論の傾向

埼玉県教員採用 集団討論の過去問

教員を目指している人

  • 人見知りすぎて上手くしゃべられるか不安です
  • どこを評価されているのか分からないな・・・。[
  • どんなテーマがでているの?

このような悩みや疑問を解決できる記事を書きました!

この記事では「埼玉県教員採用試験の集団討論」をテーマに情報を公開しています。

集団系の試験に関するアンケートを行ったところ、約65%の受験者が集団系の試験に不安を抱えていることが分かりました。

とくに「評価のポイントがわかりにくい」「他の受験者と上手くしゃべれるか不安」といった項目が多かったです。

でも、安心してください!

この記事を読むことで、集団討論に対する悩みや不安を解消することができますよ。

なぜなら、この記事では埼玉県の集団討論を突破するポイントを分かりやすく、まとめているからです。

3分ほどで読める内容です。ぜひ、参考にしてください。

埼玉県教員採用試験 集団討論の傾向

集団討論は全校種、2次試験で実施されます。

集団討論は与えられたテーマについてグループで話しあい、意見をまとめる試験です。

MEMO
  • 試験時間:40分
  • 受験者:8人
  • 面接官:3人

1グループ8人程度、試験時間は40分で実施。

討論では自分の意見を堂々と発言することが大切です。しかし、注意したいのが集団討論は、個人としての貢献度・参加度も重要だけど、「チームとして」評価されることを忘れてはいけません。

埼玉県教員採用試験 集団討論の流れ

STEP1
テーマの発表

受験者が座席に座ると、面接官より集団討論のテーマ(お題)が発表されます。

STEP2
自分の意見をまとめる

テーマが発表されたら3分間、自分の考えをまとめる時間が与えられます。

時間は短いですが、自分なりの経験や考えを上手にまとめられるようにしましょう。

STEP3
討論

時間になると、最初にひとり1分間で考えた意見を発表し、出された意見について全員で討論します。

集団討論の流れは「テーマの発表」→「自分の考えをまとめる」→「討論」です。

埼玉県教員採用試験 集団討論のテーマ

試験で出題された集団討論の過去問(テーマ)をまとめています。

グループを作って練習してみましょう!

 

2019年(令和2年度)のテーマ

小学校、中学校、養護教諭、栄養教諭

  • あなたの勤める学校の地元自治体は、東京オリンピック・パラリンピックの開催にあたり、ある外国のホストタウンになっています。競技選手や関係者があなたの学校を訪れ、交流会を行うことになりました。そこで、交流会のねらいをどのように設定し、それに迫るためにどのような具体的な内容が考えられますか。グループとしての意見をまとめなさい。
  • あなたの勤める学校の地域は、人口の減少が続いています。かつては賑わいを見せていた駅前通りも、今は多くの店舗が閉店となり、閑散としたものになってしまいました。そこで、駅前通りを活性化し、地域の皆で楽しむことができるイベントが企画されています。地域と協働し、このイベントを盛り上げるために、学校としてどのような取組が考えられますか。グループとしての意見をまとめなさい。

高等学校、特別支援学校

  • あなたの勤める学校で実施している避難訓練について、より効果を高めるために新しい取り組みを企画することになりました。教員の防災意識及び児童生徒の防災意識を高めるため、それぞれ具体的にどのような取組が考えられるか、グループとしての意見をまとめなさい。
  • あなたの勤める学校で「特色ある学校づくり」のための検討委員会が新たに発足しました。児童生徒と一緒に特色ある学校づくりについて考えること及びその特色を効果的に発信することについて、それぞれ具体的にどのような取組が考えられますか。グループとしての意見をまとめなさい。

2018年(平成31年度)のテーマ

小学校、中学校、養護教諭、栄養教諭

  • これからの時代の教員に求められる力として,「資質能力を生涯にわたって高めていくことのできる力」が挙げられます。はじめにこのことについて,それぞれの考えを30秒以内で述べなさい。その上で,「資質能力を生涯にわたって高めていくことのできる力」を身に付けるために,教員一人一人が取り組むべき事柄をグループで話し合い,方向性を出しなさい。
  • これからの時代の教員に求められる力として,「組織的・協働的に諸課題の解決に取り組む力」が挙げられます。はじめにこのことについて,それぞれの考えを30秒以内で述べなさい。その上で,「組織的・協働的に諸課題の解決に取り組む力」を身に付けるために,教員一人一人が取り組むべき事柄をグループで話し合い,方向性を出しなさい。

2017年(平成30年度)のテーマ

小学校、中学校、養護教諭、栄養教諭

  • これからの子どもたちに育成すべき資質・能力の1つとして「自己肯定感」が挙げられます。はじめに「自己肯定感」について,それぞれの考えを1分以内で述べなさい。その上で,「自己肯定感」を育成するための手立てをグループで話し合いなさい。
  • これからの子どもたちに育成すべき資質・能力の1つとして「他者と協働する力」が挙げられます。はじめに「他者と協働する力」について,それぞれの考えを1分以内で述べなさい。その上で,「他者と協働する力」を育成するための手立てをグループで話し合いなさい。

高等学校、特別支援学校

  • これからの子どもたちに育成すべき資質・能力の1つとして「対人関係能力」が挙げられます。はじめに「対人関係能力」について,それぞれの考えを1 分以内で述べなさい。その上で,「対人関係能力」を育成するための手立てをグループで話し合いなさい

埼玉県教員採用試験 集団討論の対策

 

集団討論で評価をもらうために必要なことは、試験に参加することです。

  • しっかり話を聞く
  • 自分の意見を発言する
  • 協力する姿勢を見せる

と、いった当たり前のことを、当たり前にこなすだけです。

でも、緊張や極度の人見知りなどによって上手くできないって人は多いです。

「評価を落とさないコツ」や「テクニック」を「【攻略】教員採用試験の集団討論で評価を上げる方法、下げる方法」で解説しています。

時間を見つけて読んでおきましょう!

教員採用試験「集団討論」のポイント【攻略】教員採用試験の集団討論で評価を上げる方法、下げる方法

埼玉県教員採用試験 集団討論まとめ

  • 討論は8人で40分実施。
  • 集団と個人の側面から評価
  • テーマは校種によって異なる
  • NG行動を知っておく

埼玉県教員採用試験の集団討論でした。

集団討論の配点は小学校、中学校、養護教諭、栄養教諭が37%、高校、特別支援学校が23%を占めます

対策をしないと不合格の確率が高くなるため、注意しましょう!