【簡単】教員採用試験 おすすめの「勉強方法」を4ステップで解説!

【対策法あり】埼玉県教員採用試験 個人面接で聞かれた質問はこれだ!

埼玉県教員採用 個人面接

教員を目指している人

  • 個人面接ってどんな試験?
  • どんな対策をすればいい?
  • 質問内容が知りたい。

このような悩みや不安を解消できる記事を書きました!

この記事は埼玉県教員採用試験の「個人面接が苦手、不安だ」って方向けの内容を書いています。

主な内容
  • 【傾向】個人面接の時間や面接カードの内容を把握しよう。
  • 【過去問】質問された内容を確認して、シミュレーション。
  • 【準備】自己PRや志望動機を考え、印象を磨くトレーニング。

この記事を読むことで、個人面接の「傾向、質問内容、具体的な対策法」までを知ることができますよ。

教員採用試験は面接重視といっても過言ではありません。面接の評価が高い=合格の確率が高いです。なので早めの準備が必須!

それでは、さっそく見ていきましょう。

埼玉県教員採用試験 面接の傾向

埼玉県の個人面接は2次試験に全区分で実施されます。

試験時間や面接官の人数は次の通り。

基礎情報
  • 試験時間:30分
  • 面接官:2人

試験時間は1人30分ほどで、面接官2人から質問されます。

受験校種が小学校、中学校、養護教諭、栄養教諭の方は「場面指導」を面接の中で行います。

場面指導とは

場面指導は教育現場で起こりうる「生徒指導」や「保護者対応」の一場面を演じる試験です。

恥ずかしがらず、少しオーバー気味にやることがポイントです。

埼玉県教員採用試験 面接カードの内容

面接は事前に提出する面接カードに沿って質問されます。

内容は次の通り。

  • 氏名
  • 住所
  • 職歴、学歴
  • 免許状の種類
  • 部活動・クラブ歴
  • 専門分野
  • 併願状況
  • 資格
  • 志望動機

具体的な書き方やコツを知りたい方は「教員採用試験 願書の書き方次第で合否が決まる理由とは」を参考にしてみてください。

埼玉県教員採用試験 面接で聞かれた質問内容

実際の試験で質問された内容を公開しています。

注意

受験者に提供してもらったデータです。無断での複製・転載は禁止です。

活用して、面接を攻略しましょう!

  • 1「主体的対話的で深い学び」の視点からどんな授業をしますか。
  • 2 あなたが子供たちに伝えていきたいことは何ですか。
  • 3 いじめを受けている生徒の保護者に連絡をするとき,まず初めに伝えるべきことは何ですか。
  • 4 今の教育課題は何ですか。
  • 5 ここだけは誰にも負けないところはどこですか。
  • 6 教育の目的とは何だと思いますか。
  • 7 埼玉県の求める教員像をいってください。
  • 8 埼玉県学力学習状況調査結果を活用しての取組みとして知っていることはありますか。
  • 9 信頼される学校とはどんな学校ですか。
  • 10 新学習指導要領で変わったことを教えてください。
  • 11「生き生きとした生徒」を育てていく

自分の言葉で返答することができましたか?

なお、もっと聞かれた内容が知りたい方は「 埼玉県教員採用 個人面接で聞かれた内容106選」を併せてご覧ください。

106個の質問内容を公開しています!

CHECK NOW

個人面接の質問リスト106を見る

埼玉県教員採用試験 面接の対策法

面接は次の3ステップで対策します。

  • その①:自己分析をじっくりやる
  • その②:自己練習を繰り返す
  • その③:実践練習で客観的データを手に入れる

1つずつ解説していきます。

その①:自己分析をじっくりやる

面接は自己PRと志望動機が中心に質問されます。

  • 「なぜ教師を目指そうと思ったのか」
  • 「今までの経験から仕事に活かせることは何か」
  • 「○○県を志望する理由は」

こういった質問から「なんでそう思ったの?」みたいに深掘りされるケースが大半です。

なので、自己分析をじっくりして台本を作成しておくことが面接攻略への第1歩なわけです。

具体的なやり方は「教員採用試験 願書の書き方次第で合否が決まる理由とは」をご覧ください。

教員採用試験 願書教員採用試験 願書の書き方次第で合否が決まる理由とは

その②:自己練習を繰り返す

台本がある程度完成したら、練習が必要です。

埼玉県教員採用 個人面接で聞かれた内容106選」を活用して、上手に答えられるように練習を繰り返しましょう。

CHECK NOW

個人面接の質問リスト106を見る

その③:実践練習で客観的データを手に入れる

台本が完成し、練習が終わったら実践練習を受けにいきましょう。

台本へのダメ出しから、演技指導まで自分では分からない課題が見つかるはずです。

最終的にこのダメ出しを全てクリアすれば面接は余裕です。

なお、ポイントやコツを知りたい方は「【合否に直結】教員採用試験 個人面接が上手な人は受かりやすい」を参考にしてみてください。

教員採用試験「個人面接」のポイント【合否に直結】教員採用試験 個人面接が上手な人は受かりやすい

埼玉県教員採用試験 面接まとめ

  • 個人面接は全員必須
  • 場面指導に注意
  • 自己分析→自己練習→実践練習でクリアする。

個人面接は筆記試験と違って、1人では合格点を取ることが難しい試験です。

自己分析を早めに取り掛かり、たくさん練習をすることで不安を払拭することができます。

CHECK NOW

個人面接の質問リスト106を見る