【簡単】教員採用試験 おすすめの「勉強方法」を4ステップで解説!

【勉強法】大阪市教員採用試験 教養で合格点を取る2つのノウハウ

大阪市教員採用試験 過去問分析データ

大阪市の教員を目指している方、どうも福永( @kyosai365)です。

この記事では「教養試験で合格点を楽に取る2つのノウハウ」というテーマで勉強方法を解説していきます。

✔︎この記事がおすすめの人
  • 大阪市の教員を目指す人
  • 教養試験をどうやって勉強すればいいか悩んでいる人
  • 短期間で合格点を取りたい人

この記事で解説する「2つのノウハウ」を理解して、実践すれば短期間でも合格点を取るために必要なことが分かるようになりますよ!

福永

記事を書いている僕は、大学等で教員志望者に指導しつつ、月間アクセス数15万〜30万の情報ブログ「Road to Success」を運営しています。キャリアは11年目になりました!

なお、教養試験の傾向を知らない方は、先に「【傾向まとめ】大阪市教員採用試験 合格に必要な情報を徹底解説!」を読んでおきましょうね。

大阪市教員採用試験 勉強は2つの情報があれば十分です。

そこそこキャリアのある僕が「教育原理は勉強しておいた方がいい」と言ったら信用できますか?

会ったことも、喋ったこともない人じゃないですか。そういう得体の知れない人の意見なんて信用しない方がいいと僕は思いますよ!

でもね、データは嘘をつきません!

得体の知れない僕の意見は信用できないかもしれないけど、実際に存在するデータは信用できますよね。

なので、しっかりデータを知って勉強することが大切です。

それで、勉強するために知っておくべき情報は次の2つ。

  • 科目ごとの出題数
  • 頻出分野の把握

これだけです。

これを知るだけで、「何をやればいいのか」「どこまで手を出せばいいのか」が分かります。

勉強において、これが分かれば何でもできると思いませんか?

その情報を公開していきます!ぜひ時間をかけて理解してみてくださいね。重要です!

ノウハウ①:科目ごとの出題数

科目の優先順位をつけて勉強しましょう!

なぜなら、科目ごとに出題数が違うからです。

9問出る科目と1問しか出ない科目だったら、どちらに時間を使いますか?

絶対に9問でる科目ですよね。1問しか出ない科目に数十時間かけるのは無駄かと。

そこで必要なのが次の4つを意識して勉強することです。

  1. 出題数が多い・苦手な科目
  2. 出題数が多い・得意な科目
  3. 出題数が少ない・得意な科目
  4. 出題数が少ない・苦手な科目

このうち④は思い切って捨てます。そして攻略すべきポイントは①と③です。

下記に過去3年間の出題数をまとめているので、参考にしてみてください。

科目 2019年 2018年
教育原理 6 9
教育法規 3 3
教育心理 1 1
教育史 1 1
教育時事 2 0
一般常識 2 2
数的推理 3 3
判断推理 4 5
資料解釈 3 1
現代文 2 2
英文 3 3

表をもとに少しシミュレーションをしてみました!

教員を目指している人

判断推理って何?聞いたことないし、なんか難しそうなんだけど・・・

 

判断推理は①に該当するので、優先して勉強すべきです。

 

 

教育史はちょっと・・・暗記嫌いなんだよね。

少年

 

教育史は④に該当するので、あっさり捨て科目にしましょう!

目標は60点あれば十分です!

満点は必要ないので、できる科目から攻略しましょうね。

ノウハウ②:頻出分野の把握

勉強すべき科目の分類が決まったら、どこから勉強するのか決めましょう!

「え?1ページ目から勉強しちゃダメなの?」

日本人は律儀な性格なので、何でも最初から勉強しがちです。でも、1ページ目から勉強して意味あると思いますか?

それを知るのもデータを見れば解決です!

例えば、教育原理は「だいたい10〜12分野」で構成されています。ページ数は300くらい。

大阪市で教育原理を勉強するなら4分野でOKです。ページ数で言えば120ページくらいですかね。

データがこちら。

大阪市教員採用試験 過去問データ

「学習指導要領」「生徒指導」「特別支援教育」「人権・同和教育」からしか出題がありません。

他の分野は無視しても点が取れますよね。

  • 300ページの勉強をして6点
  • 120ページの勉強をして6点

どちらが効率的ですか?

他の全科目についても「【過去問データ公開】大阪市教員採用試験 勉強すべき科目はこれだけ!」でデータを公開しています。参考にしてくださいね。

教員採用試験で大切なことは「出るところはやる」「出ないところはしない」といった割り切りです。

細かいところにこだわる人ほど点が取れずに落ちる傾向がありますよ!気をつけましょう。

CHECK NOW

大阪市 過去5年分の出題傾向を見る

大阪市教員採用試験 勉強で役立つツール

勉強する上で、おすすめの記事を紹介します。

ツール①:参考書

使える参考書、使えない問題集などを「【2021年度】教員採用試験 おすすめの参考書と使い方【短期合格】」で解説しています。

教員採用試験 おすすめの参考書 2021年度【2021年度】教員採用試験 おすすめの参考書と使い方【短期合格】

ツール②:勉強の仕方

本記事では、勉強の「各論」を解説していましたが、「【簡単】教員採用試験 おすすめの「勉強方法」を4ステップで解説!」では総論(全体像)を解説しています。

参考書の使い方や復習方法をメインとして書いています。

教員採用試験 合格する勉強法【簡単】教員採用試験 おすすめの「勉強方法」を4ステップで解説!

ツール③:過去問

大阪市をはじめ、各自治体の出題データを「【全国】教員採用試験 過去問データまとめ」でまとめています。

教員採用試験の過去問(2021年度対応)【全国】教員採用試験 過去問データまとめ

すぐに行動しよう!

  • 科目ごとの出題数
  • 出る分野

この2つが分かっただけでも、合格したようなもんです。

だって、出るところが分かっているわけですから、あとはそこを集中して勉強していけばいいだけなんでね。

「出るところをやる」簡単なことです。

もう一度、「何の科目を優先するのか」「どの分野を攻めるのか」まとめて勉強にうつりましょう!

関連記事【過去問データ公開】大阪市教員採用試験 勉強すべき科目はこれだけ!

関連記事【2021年度】教員採用試験 おすすめの参考書と使い方【短期合格】