【簡単】教員採用試験 おすすめの「勉強方法」を4ステップで解説!

大阪府教員採用試験 合格率25%!?個人面接を突破する方法を解説!

大阪府の教員を目指す人

  • 面接って、どんな試験なの?
  • 面接カードの内容は?
  • どんな質問がされているの?
  • どうやって対策すればいい?

このような悩みや疑問を解決できる記事を書きました!

この記事では「大阪府教員採用試験の個人面接」をテーマに情報を公開しています。

✅主な内容

  • 【傾向】大阪府の面接傾向をまとめました。
  • 【質問】聞かれた質問内容114個を公開!
  • 【対策】3つのステップで楽々、面接攻略を解説

この記事を読めば、個人面接の「傾向から、対策法、実際に聞かれた質問内容まで」具体的に知ることができますよ。

「25%」

何の数字か分かりますか?

この数字は大阪府の面接試験における平均合格率です。ちなみに筆記試験(一次試験)の合格率は平均65%ほど。

これだけの情報があれば、何をやればいいのか、すぐにわかるはずです。はやめに確認して、準備をしましょう!

なお、筆記の傾向を知りたい方は「【勉強法】大阪府教員採用 簡単3ステップ!教養試験で合格点をとるコツ」を参考にしてください。

大阪府教員採用試験 面接の傾向

大阪府の個人面接は二次試験・三次試験の2回実施されます。

内容は、どちらも「個人面接」

基礎情報
  • 試験時間:20~30分
  • 面接官:2人

面接時間は、どちらも20~30分程度で、面接官2人から質問される形式です。

2次試験では「社会人としての常識や態度」を中心に、3次試験では教育的課題やコミュニケーション能力」が備わっているのかを評価します。

配点

個人面接の配点は2次試験150点、3次試験305点です。

大阪府 面接の配点

上記は小学校(三次試験)の配点データです。

見てのとおり、個人面接が50%以上を占めています。

面接カード(ES)の内容

個人面接は提出する面接票(カード)の内容に沿って質問されています。項目は次のとおり。

  • 氏名、住所、学歴、職歴
  • この選考を受験するに至った主な動機(120字程度)
  • 教員になった場合に役立つ又は教員として役立っていると思われる自らの経験(クラブ、ボランティア等)、資格、趣味、特技など(200字程度)

自己分析をじっくりして、上手に書くようにしましょう。

なお、ポイントや書き方を知りたい方は「教員採用試験 願書の書き方次第で合否が決まる理由とは」を参考にしてください。

評価観点

次の項目についてA~Eの5段階で評価を付けます。

  • 社会人として望ましい態度であるか。
  • 望ましい対人関係を築ける資質を備えているか
  • 教育を取り巻く状況や課題を理解しているか。
  • 教員としてふさわしいコミュニケーション能力を備えているか。

参考までに覚えておきましょう!

大阪府教員採用試験 個人面接の質問内容

個人面接では「自分自身に関すること」や「教員を目指す志望動機」「教育に対する熱意」などを幅広く質問されています。

実際に質問された内容をまとめているので、参考にしてください。

注意

本サイトを通じて提供してもらった内容を載せています。無断で複製、改変、配布等の利用をすることはできません。

個人面接で聞かれたこと

1 理想とする教師像とは何ですか。

2 面接官を生徒に見立てて、自己紹介を1分程度で行いなさい。

3 保護者と電話で対応するとき、気を付けることは何ですか。

4 発表が苦手な生徒にはどのように対応しますか。

5 電話で対応した保護者が納得してくれないときはどうしますか。

6 大阪のイメージ・印象はどうですか。

7 上司に相談するとき、どのように相談しますか。

8 出身地とは異なりますが、大阪府を受けた理由は何ですか。

9 授業を行う際、どのような工夫をしていますか。

10 授業で褒めるとき、叱るときがあると思いますが、どちらかの場面での具体例を挙げてください

なお、「もっと質問内容が知りたい!」という方は>>note(大阪府教員採用 個人面接リスト114選)で公開しています。ぜひ、活用してください。

貴重なデータを公開中!

noteで質問内容をチェックする。

大阪府教員採用試験 個人面接の対策法

個人面接に関する僕の意見は次のとおり。

上記ツイートの通りでして、面接で評価を上げるためには面接官に「こいつと働いてもいい、働いてみたい」と思わせる必要があります。

そして、印象をよくするためには、自信を持って面接に臨むことが重要!

面接で自信を持つために必要なことは、次の3つです。

  • その①:自己分析
  • その②:自主トレ
  • その③:実践練習

順番に解説します。

その①:自己分析

面接試験で重要なのが「自己PR」と「志望動機」です。

まずは時間をかけて今までの経験や出来事をたくさん書き出してみましょう。

なお、具体的な考え方については「教員採用試験 願書の書き方次第で合否が決まる理由とは」を参考にしてください。

教員採用試験 願書教員採用試験 願書の書き方次第で合否が決まる理由とは

その②:自主トレ

質問された内容をもとに自分の言葉で応えられるか練習しましょう。

質問内容は「>>note(大阪府教員採用 個人面接リスト114選)」で公開中です!

すらすら話せるようになればOKです。

貴重なデータを公開中!

noteで質問内容をチェックする。

その③:実践練習

ある程度、自信がついてきたら、実際に面接官を置いて練習しましょう。

面接官に指導を受けることで、改善点が見つかるからです。これを「どれだけ繰り返す」かで評価は圧倒的に変わりますよ。

なお、気を付けるポイントやコツを「【合否に直結】教員採用試験 個人面接が上手な人は受かりやすい」でまとめています。参考にしてください。

教員採用試験「個人面接」のポイント【合否に直結】教員採用試験 個人面接が上手な人は受かりやすい

大阪府教員採用試験 面接まとめ

この記事は大阪府教員採用の個人面接をまとめていました。

面接の苦手や不安を減らすには、たくさん練習するしかありません。

スポーツと同じで、練習せずに本番で実力が発揮できるでしょうか?できませんよね。

自信をつけるためにも、早めに対策をはじめましょう!

貴重なデータを公開中!

noteで質問内容をチェックする。

年齢制限年齢制限 高校商業の倍率一覧高校商業の倍率一覧