【簡単】教員採用試験 おすすめの「勉強方法」を4ステップで解説!

【対策あり】沖縄県教員採用試験 傾向を3分で理解できる情報まとめ

沖縄県教員採用試験 倍率一覧

沖縄県の教員を目指している方、どうも福永( @kyosai365)です。

この記事では「沖縄県教員採用試験の傾向」をテーマに書いていきます!

✔︎求められる教員像
  1. 人間性豊かで教育者としての使命感と幼児児童生徒への教育的愛情のある教員
  2. 幅広い教養と教育に関する専門的知識、技能を有し常に学び続ける実践的指導力のある教員
  3. 沖縄県の自然、歴史及び文化に誇りを持ち、多様性を受容しグローバルな視点を兼ね備えた教員
  4. 豊かなコミュニケーション能力を有し組織力を活用できる総合的な人間力を持った教員

こういった人物が沖縄県では求められています。覚えておきましょう!

試験に合格するために必要な情報をまとめています。参考にどうぞ!

沖縄県教員採用試験 知っておきたい5つの傾向

試験を受けるにあたって、知っておくべき情報を8つ紹介します。

傾向①:採用試験の日程

出願から最終合格までの流れをまとめています。

💁「【2021年度版】教員採用試験 日程一覧|全国の試験日を掲載!【2020年試験】」で全国に日程を一覧にしています。併願するときに活用してみてください!

2020年(令和3年度)

受付期間 4月3日~27日
1次試験 7月12日(日)
1次試験
合格発表
8月上旬
2次試験 8月14日~16日
2次試験
合格発表
9月上旬
3次試験 9月12日、13日
最終合格発表 10月下旬

2019年(令和2年度)

受付期間 【郵送受付】
4月19日(金)~4月26日(金)
1次試験 7月14日(日)
1次試験
合格発表
8月中旬
2次試験 8月23日~25日
2次試験
合格発表
9月上旬
3次試験 9月14日、15日
最終合格発表 10月下旬

傾向②:年齢制限

沖縄県を受験できる年齢要件は次のとおり。

2020年(令和3年度)

年齢要件 昭和50年4月2日以降に生まれた人

2019年(令和2年度)

年齢要件 昭和49年4月2日以降に生まれた人

傾向③:募集教科と採用人数

沖縄県で募集される教科(科目)と採用予定人数をまとめています。

2020年(令和3年度)

校種等 教科等 採用予定者数
小学校 200名程度
中学校 国語 90名程度
社会
数学
理科
保健体育
技術
家庭
英語
高等学校 国語 50名程度
地理歴史
公民
数学
物理
化学
生物
保健体育
音楽
美術
英語
家庭
情報
農業
機械
電気
建築
土木
商業
水産
家庭(調理)
特支小学部 10名程度
特支中・高共通 保健体育 5名程度
音楽
美術
養護教諭 15名程度

2019年(令和2年度)

校種等 教科等 採用予定者数
小学校 230名程度
中学校 国語 100名程度
社会
数学
理科
保健体育
技術
英語
高等学校 国語 40名程度
地理歴史
公民
数学
物理
化学
生物
保健体育
英語
情報
農業
機械
電気
建築
土木
商業
水産
家庭(調理)
中・高共通 音楽 20名程度
美術
家庭
特支小学部 10名程度
特支中・高共通 保健体育 10名程度
音楽
美術
養護教諭 5名程度

傾向④:一次試験の内容

沖縄県で実施される一次試験の内容は次のとおり。

  • 教養試験
  • 専門試験

教養試験の傾向

教養試験は「教職科目」と「一般教養」から構成される試験です。

試験レベルはかなり高いです

沖縄県の平均倍率は10倍で、全国平均4.8倍に比べるとかなり高いことがわかります。

なかでも保健体育や英語、社会などは10倍を軽く超えており、超難関です。

出題される科目も上記の通り、幅広く出題されています。

しかし、問題の内容は基礎的で全国的に頻出分野ばかりなので勉強は難しくありません。

コツコツと勉強をしていくことが大切です。

詳しい勉強法などを「【勉強法】沖縄県教員採用試験 初学者が合格点を取るためのコツ5つ」で解説しています。

沖縄県教員採用試験 合格点を取るための勉強法【勉強法】沖縄県教員採用試験 初学者が合格点を取るためのコツ5つ

専門試験

専門教科は教師となって、自分が担当する教科(科目)に関する知識を問う筆記試験です。

得意な受験者が集まるため、重点的に勉強するようにしましょう!

勉強法を「5分でわかる!教員採用試験の専門教養で70点をを確実にとるための勉強法!」で解説しています。

教員採用試験「専門科目」の勉強法【勉強法】教員採用試験 専門教養で70点を確実にとるテクニック

傾向⑤:二・三次試験の内容

試験内容は次のとおり

  • 個人面接
  • 模擬授業
  • 論作文
  • 適性検査
  • 実技試験

個人面接の傾向

MEMO

試験時間:15分程度

✔︎沖縄県で質問された内容

1 教員を目指したきっかけは何ですか。また、教員に向いているところはどこですか。
2 沖縄県を志望する理由は何ですか。
3 沖縄県の教育施策について何か知っていることはありますか。
4 保護者の苦情への対応など色々と大変なことがあるが、嫌にならないですか。
5 不登校の生徒が久しぶりに登校してきたら、どのように関わりますか。
6 一人一人の良さを活かすためにできることは何ですか。
7 地方公務員法で知っているものは何ですか。
8 体調は大丈夫ですか。
9 生徒理解のために必要なことはなんですか。
10 ストレスを抱えたらどうしますか。

他にも質問された内容を「沖縄県教員採用 個人面接で質問された内容145選」で公開しています。

参考 沖縄県教員採用 個人面接で質問された内容145選note

論作文の傾向

MEMO
  • 試験時間:60分
  • 文字数:1200字
✔︎論作文の過去問

平成28年11月に教育公務員特例法の一部が改正され、公立学校の教員等の任命権者に対し、校長及び教員としての資質能力の向上に関する指標の策定が義務づけられた。この法改正に基づき、沖縄県教育委員会では平成30年2月に「沖縄県公立学校教員等育成指標」を策定した。

 

 

そこには、「現職教員等や教員を志す学生にとって、行動専門職業人として教職キャリア全体を俯瞰しつつ、教員一人一人がそれぞれの状況に応じて、さらなる向上を目指し、効果的・継続的で主体的な学びに結びつけることが可能となるよう指標を示す。」とされ、沖縄県公立学校の教員に求める資質能力を「教職を支える力」「生徒指導力」「授業実践力」「学校運営力」として整理して示している。
 

これらを踏まえて、あなたが教職を目指すに際し、必要な基盤となる資質能力を身に付けるためにこれまで取り組んできたことや、これから本件の教員としてどのような資質能力を形成していこうと考えているのかについえ、1,200字以内で述べなさい。

論作文のテーマは「沖縄県教員採用 論文のテーマ集」でも多く公開しています!

関連記事「書けない」から「書けた!」に|「教員採用試験 論文」の極め方ガイド

沖縄県教員採用試験 倍率は高すぎてヤバイ

沖縄県の倍率の高さは全国No.1です。

数年分の倍率をまとめているので、参考にどうぞ!

なお、「【2020年度版】教員採用試験 倍率一覧|倍率4倍切りの危機的状況に!」で全国の倍率をまとめています。

2019年(令和2年度)の倍率

校種 科目 受験者 合格者 倍率
小学校 1011 239 4.2
中学校 国語 146 16 9.1
社会 153 13 11.8
数学 136 13 10.5
理科 77 19 4.1
保健体育 248 11 22.5
技術 13 4 3.3
英語 165 15 11.0
高等学校 国語 118 9 13.1
地理歴史 89 4 22.3
公民 60 2 30.0
数学 138 8 17.3
理科(物理) 34 1 34.0
理科(化学) 39 1 39.0
理科(生物) 42 2 21.0
保健体育 138 3 46.0
農業 24 2 12.0
工業(機械) 15 1 15.0
工業(電子) 15 2 7.5
工業(建築) 6 2 3.0
工業(土木) 6 1 6.0
家庭(調理) 1 1 1.0
商業 45 1 45.0
水産 1 1 1.0
情報 31 2 15.5
英語 82 7 11.7
共通 音楽 78 8 9.8
美術 30 4 7.5
家庭 62 7 8.9
特支小学部 133 10 13.3
特支中高 保健体育 57 3 19.0
音楽 17 4 4.3
美術 7 2 3.5
養護教諭 173 12 14.4

2018年(平成31年度)の倍率

校種 科目 受験者 合格者 倍率
小学校 1097 236 4.6
中学校 国語 159 17 9.4
社会 180 14 12.9
数学 132 9 14.7
理科 84 18 4.7
保健体育 263 12 21.9
技術 18 7 2.6
英語 174 15 11.6
高等学校 国語 135 7 19.3
地理歴史 96 3 32.0
公民 86 1 86.0
数学 136 7 19.4
理科(物理) 36 1 36.0
理科(化学) 37 1 37.0
理科(生物) 40 2 20.0
保健体育 164 2 82.0
家庭(調理) 0 0
農業 23 1 23.0
工業(機械) 18 1 18.0
工業(電子) 17 1 17.0
工業(建築) 9 3 3.0
商業 46 1 46.0
水産 1 0
福祉 6 1 6.0
英語 89 5 17.8
共通 音楽 86 6 14.3
美術 36 9 4.0
家庭 75 9 8.3
特支小学部 131 10 13.1
特支中・高 保健体育 71 2 35.5
音楽 18 3 6.0
美術 10 2 5.0
養護教諭 194 12 16.2

2017年(平成30年度)の倍率

校種 科目 受験者 合格者 倍率
小学校 1165 238 4.9
中学校 国語 176 18 9.8
社会 188 14 13.4
数学 140 14 10.0
理科 79 19 4.2
保健体育 249 12 20.8
技術 17 5 3.4
英語 193 17 11.4
高等学校 国語 127 7 18.1
地理歴史 90 2 45.0
公民 76 2 38.0
数学 147 6 24.5
理科(物理) 27 1 27.0
理科(化学) 38 1 38.0
理科(生物) 47 2 23.5
理科(地学) 13 1 13.0
保健体育 194 2 97.0
農業 22 2 11.0
工業(機械) 15 1 15.0
工業(電子) 15 1 15.0
工業(工業化学) 2 1 2.0
工業(建築) 14 2 7.0
商業 50 2 25.0
水産 4 1 4.0
福祉 5 1 5.0
英語 90 4 22.5
家庭(調理) 0 0
共通 音楽 85 7 12.1
美術 35 7 5.0
家庭 73 5 14.6
特支小学部 153 8 19.1
特支中高 保健体育 61 3 20.3
音楽 26 3 8.7
美術 12 3 4.0
養護教諭 188 14 13.4

とにかく筆記試験を攻略しよう!

沖縄県教員採用試験の傾向をまとめていました。

なんといてっても、一次試験(筆記試験)で80%近くの受験者が落とされます。

早めに勉強するようにしましょう!攻略のポイントは専門8割、教養6割です!

関連記事【勉強法】沖縄県教員採用試験 初学者が合格点を取るためのコツ5つ

関連記事【簡単】教員採用試験 おすすめの「勉強方法」を4ステップで解説!