【簡単】教員採用試験 おすすめの「勉強方法」を4ステップで解説!

【質問あり】奈良県教員採用試験 個人面接は過去問を知れば楽勝です

奈良県教員採用試験 個人面接の過去問

奈良県の教員を目指す方、どうも福永( @kyosai365)です。

この記事では「個人面接の傾向と質問された内容を公開」というテーマで情報発信をしています。

面接で自信を持つにはどうすればいいと思いますか。

1番の方法は「どんな質問にも回答できるように」することです。

そのために必要なのが過去問。

記事を書いている僕は大学等で教員採用試験の指導をしつつ、月間15万人が読むこのサイトを運営している感じです。キャリアは11年目になりました

おかげで受験者から多くの情報を提供してもらっているため、情報の信頼度は高いはず。

記事を読むことで、個人面接の傾向と過去問を知ることができますよ。ぜひ参考にしてくださいね。

集団面接の傾向は「奈良県教員採用試験 集団面接の傾向|討論のテーマは毎年同じです。」で公開しています。

奈良県教員採用試験 個人面接の傾向

奈良県の個人面接は2次試験に実施されます。

面接では、一般質問の他に「模擬授業」と「場面指導」あり。

面接の流れ

はじめに10分間の模擬授業をおこないます。

そのあと、個人面接を20分間するという流れ。面接では模擬授業の内容も質問されていますよ!

模擬授業の傾向

模擬授業は自分が指導する教科・科目の学習指導要領をもとに実施します。

注意
高校地歴で受験する人は、筆記試験で選択した科目でおこなう。

模擬授業は個人面接の冒頭10分間で実施します。導入部分だけでなく、途中の展開やまとめの授業をしてもOK。

時間に注意

時間をはかられているため、10分間を過ぎると途中で終了されます。試験時間を過ぎると減点対象なので注意が必要。

教室に持ち込める物はメモ用紙1枚だけで、教科書や補助教材は持ち込めません。また、黒板があるため板書するようにしましょう。

模擬授業が終わると、そのまま個人面接に入ります。そのとき、模擬授業の関する質問もあることを覚えておきましょう。

関連記事:【対策】模擬授業において講師経験は不要!むしろマイナスである理由とは。

場面指導の傾向

場面指導は「生徒指導」や「保護者対応」を演じる試験です。

下記に出題テーマを載せておくので、イメージしてください。

場面指導のテーマ

  • スマートフォンを休み時間に触っていたので取り上げました。放課後、保護者が学校に怒鳴り込んできました。その時の対応をしてください。
  • 学校外で煙草を吸っている生徒を目撃しました。あなたは急いで生徒のもとへ行き、質問したところその生徒は「吸っていないよ」とはぐらかしました。どう対応しますか。
  • あなたは担任で,「クラス分けにより同じクラスに友人がいなくなってしまった」といってくる生徒がいます。この生徒の親からクラス分けについてクレームがきました。どう対応しますか

奈良県教員採用試験 個人面接の質問内容

実際に質問された内容です。確認して、自分なりの回答を作成してみましょう。

  1.  複数免許を持っていますが、なぜ小学校を志望するのですか。
  2. あなたのこれだけは他人に負けないことは何ですか。
  3. あなたは短所をどのように克服しましたか。
  4. アルバイトで苦労したことは何ですか。
  5. 県外出身ですが地元の教師になりたいと思わなかったのですか。
  6. 元気な男の子がいる6年生の担任はどのように学級経営していけばよいですか。
  7. スポーツ歴を教えて下さい。
  8. 生徒に見通しをもって学習してもらうために何が必要ですか。
  9. 模擬授業の展開はどうなりますか。
  10.  模擬授業の内容について述べてください。

こういった質問に自分の考えを言えるように準備をはじめましょう!

なお、「もっと質問された内容を知りたい!」という方は、>>note(奈良県教員採用 個人面接の質問リスト109選)を参考にしてください。

CHECK NOW

>>noteで質問内容を見る

奈良県教員採用試験 個人面接まとめ

  • 個人面接は模擬授業+個人面接+場面指導
  • 質問内容をもとにシミュレーション

この記事は奈良県教員採用の個人面接をまとめていました。

二次試験は面接一本勝負です!筆記試験だけの対策をしても意味はないので早めに取り掛かるように準備をしましょう!

CHECK NOW

>>noteで質問内容を見る