【簡単】教員採用試験 おすすめの「勉強方法」を4ステップで解説!

【勉強法あり】宮城県教員採用試験 教養で勉強すべき科目は決まっています

宮城県教員採用試験 教養の過去問

宮城県教員採用試験を受験する人、どうも福永( @kyosai365)です。

この記事では「教養試験で勉強すべき科目は決まっています」というテーマで情報を公開しています。

先日、こんなツイートをしました。

最近思うけど、どんなに頑張っても「正しい勉強」をしないと点数は取れないですよね。わかりやすい例だと参考書の使い方。未だに「1ページ目」から勉強している人を見かけるけど、そこ出るの?と問いたい。一方である単元だけボロボロの人はちゃんと意味を持って勉強しているんだなって思う←重要!

これを深堀しつつ、具体的な勉強法を解説していきます。

すでに勉強をしたことがある人は知っていると思いますが、教養試験の出題科目や範囲は広いですよね。

まともにやっていたら間に合いません。結果的に不合格になってしまうわけです。

前半で「試験傾向や特徴」、後半で「具体的な対策」を解説していきます。というわけでさっそく本題です!

宮城県教員採用試験 教養試験の傾向

ここでは宮城県の教養試験に関する基礎情報をまとめています。

教員採用試験の最大の特徴は「科目数が多く、範囲が膨大すぎる」ということです。

まずは宮城県で出題される試験科目を紹介します。

宮城県教員採用試験 教養試験の科目

宮城県の教養試験は「教職科目」と「一般科目」の2種類から出題があります。

詳細は以下を参照してください。

教職科目

  • 教育原理
  • 教育法規
  • 教育心理
  • 教育史
  • 教育時事

主に教員として必要な知識を問う出題があります。

👉【まとめ】教員採用試験の教職教養は重要?勉強法をデータ付きで解説!を参考にしてください。

一般科目

  • 人文科学
  • 社会科学
  • 自然科学

主に中学~高校までに習った知識を問う出題があります。

👉【まとめ】教員採用試験で絶対に知っておきたい一般教養を攻略する戦術とは

宮城県教員採用試験 試験時間・問題数

MEMO
  • 試験時間:60分
  • 問題数:33問

宮城県で出題される問題数は33問、内訳は教職13問、一般20問で一般教養の比重が大きい特徴があります。

解答方法は全問マークシート方式で、4つの設問から語句を選ぶ出題形式。試験時間は60分です。

宮城県教員採用試験 過去問

出題された問題を見て、形式の確認をしましょう!

👉「【過去問が重要】宮城県教員採用試験 教養のデータ公開」で5年分の出題分野を公開しています!

教育原理

学校における特別活動について述べた内容として適切でないものを、1~4のうちから1つ選び、マークしなさい。

 

1 小学校のクラブ活動は、異年齢の児童同士で協力し、共通の興味・関心を追究する集団活動の計画を立てて運営することを重要視している。

 

2 小学校や中学校等の学級活動において、給食の時間は、望ましい食習慣の形成を図るとともに、食事を通して人間関係をよりよくすることが大切である。

 

3 小学校や中学校等の学級活動や高等学校のホームルーム活動においては、一人一人のキャリア形成と自己実現を図るため、自主的に学習する場として学校図書館等を活用する場面を設けるとよい。

 

4 入学式や卒業式などにおいて、その意義を踏まえ、国旗を掲揚するよう指導するが、国歌を斉唱するかどうかの指導については、学校長の判断に委ねられている。

教育時事

スポーツ庁「運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」(平成30年3月)の内容として適切でないものを、次の1~4のうちから1つ選び、マークしなさい。

 

1 1日の活動時間は、長くても平日では2時間程度、学校の休業日は3時間程度とし、できるだけ短時間に、合理的でかつ効率的・効果的な指導を行う。

 

2 運動部顧問は、年間の活動計画、並びに毎月の活動計画及び活動実績を作成し、校長に提出する。

 

3 学期中、週当たり2日以上の休養日を設ける。週末に大会参加等で活動した場合は、休養日を他の日に振り替える。

 

4 長期休業中の休養日の設定は、学校段階に応じて柔軟に対応しながら取り組む。

英語

次の英語のことわざの(ア)、(イ)に当てはまる語句の組合せとして、正しいものをあとの1~4のうちから1つ選び、マークしなさい。

 

【ことわざ】 Do (ア) Rome (イ) the Romans do.

 

1 ア as イ in

 

2 ア in イ as

 

3 ア as イ as

 

4 ア in イ in

宮城県教員採用試験 難易度

問題の出題レベル自体は高くありませんが、出題形式によって難易度は高めになります。

出題形式が「正しいもの」より「適当でないもの」を選ぶ出題が多いため、細かい知識まで覚えておく必要があります。

問題によっては、すぐに選択肢がきれる問題もありますが、2つの選択肢で迷う問題が多数。

宮城県教員採用試験 教養試験の勉強法

先日、こういったツイートをしています。

教養試験の対策で重要なことは「すべての範囲をカバー」しようとしないことです。そんなやり方だと試験までに間に合いません。出る科目・分野を予想し、そこだけを集中して勉強するのです。限られた時間の中で合格点をとるには、「要領」を踏まえて勉強しないと頭のいい人には勝てませんよ。

上記を踏まえて次の2つを確認することで勉強をすることができます。

  • その①:出る科目を知っていますか?
  • その②:でる分野を知っていますか?

1つずつ見ていきましょう!

勉強法その①:出る科目を知っていますか?

僕が宮城県を受験するなら「教育原理」「教育法規」「国語」「数学」の4科目に80%以上の力を注いで勉強します!

理由は簡単でして、4科目だけで出題の50%以上を占めるからです。

データがこちら。

宮城県教員採用 データ

上記の通り、4科目で57%ですね。

教養試験は60点が目標点なので、かなり大きいことが分かると思います。

なので、勉強するうえで必要なことは出題数の多い科目から勉強することです。

科目ごとの出題数は次のとおり。

2019 2018 2017
教育原理 7 6 8
教育法規 4 2 2
教育心理 1
教育史 1 1
教育時事 1 4 1
国語 4 5 5
英語 2 2 2
音楽 1 1
保健体育 1
家庭 1
日本史 1 1
世界史 1
地理 1 1
政治 1 2
経済 1 1
数学 4 3 2
物理 1 1
化学 2 1 1
生物 1 1 1
地学 1
時事 3 1 3

勉強法その②:でる分野を知っていますか?

僕が一般教養の勉強をするなら、「国語」と「数学」以外は基本無視します。

なぜなら、出る分野を断定できないし、出題数も少ないからです。

下記図をご覧ください。

宮城県教員採用 過去問データ

過去3年分(一般教養は2017年から出題)の問題を分野ごとに一覧化したものです。

範囲は広いのに、どこから出るのか分かりませんよね。出ても1問だし・・・。

一方、数学を見てみると・・・。

宮城県教員採用 過去問データ2

「式の計算」「平面図形」「確率」の3分野からよく出題があることがわかります。

「関数」や「集合」といった分野は勉強せずとも点数を取れる可能性が高いですね。

なので、出る分野を知って勉強することで効率よく点を取ることができます。

MEMO

教養試験で重要なことは「割り切り」です。

必要な科目・部分を徹底して鍛え、いらないところはバッサリ捨てる。この割り切りが上手な人が合格するのです。

👉他の科目についても「【過去問が重要】宮城県教員採用試験 教養のデータ公開」で公開しています!参考にしてください。

なお、僕がいうことでもないですが、やるべきことが分かるだけでも勉強が楽になりますよ。ここを把握できたら、合格点を取ることに近づくと思います。

  • 出題数を確認して、出る科目を優先して勉強する!
  • 科目によって、出る分野は様々。パターン通りに勉強する!!

なお、科目の多くは暗記科目です。

勉強する内容が分かっても、正しい暗記術を知らないと効果は半減します。

👉教員採用試験で点数を取る勉強法|復習が大切な理由を解説!で暗記法を解説しているので、悩んでいる方は参考にしてみてください。

CHECK NOW

【過去問が重要】宮城県教員採用試験 教養のデータ公開

宮城県教員採用試験 教養試験まとめ

教員採用試験の勉強って何から手をつけたらいいかわかりにくいですよね?

科目数も多く、試験まで時間がないですし・・・。

でも、本記事を読んで、「何をすればいいのか」少しでも分かったのではないでしょうか。

やり方さえ分かれば、あとは勉強するのみです!今すぐはじめましょう。

CHECK NOW

【過去問が重要】宮城県教員採用試験 教養のデータ公開