【簡単】教員採用試験 おすすめの「勉強方法」を4ステップで解説!

【勉強方法】三重県教員採用試験 教養試験を攻略する3つのポイント

三重県の教員を目指す方、どうも福永( @kyosai365)です。

この記事では「教養試験を攻略する3つのポイント」というテーマで勉強方法を書いていきます。

先日、下記ツイートをしました。

教養試験の対策で重要なことは「すべての範囲をカバー」しようとしないことです。そんなやり方だと試験までに間に合いません。出る科目・分野を予想し、そこだけを集中して勉強するのです。限られた時間の中で合格点をとるには、「要領」を踏まえて勉強しないと頭のいい人には勝てませんよ。

教養試験は科目数が多く、範囲も広いため「出る科目・分野」を特定して勉強することが大切です。

そのために必要なことが「過去問分析」です!

MEMO

「過去問分析をしろ」と言いますが、ぶっちゃけ始めて勉強する人が過去問を見ても「何の科目?どの分野」状態でどうしろって感じですよね・・・。

なので、代わりに僕が三重県の出題傾向を分析したのでデータを無料公開します!

福永

記事を書いている僕は、大学等で教員志望者に指導しつつ、月間アクセス数15万〜30万の情報ブログ「Road to Success」を運営しています。キャリアは10年目になりました!

「これから勉強する方」や「忙しくて勉強時間が取れない方」におすすめです。それではご覧ください!

三重県教員採用試験 ただでさえ、勉強時間は不足している

三重県で出題される科目を知っていますか?

平均10科目以上出題されています。

試験科目は多い

2019年の出題科目は次のとおり。

教職科目 教育原理
教育法規
教育史
教育時事
ローカル
一般科目 国語
英語
日本史
地理
経済
数学
化学

これを全部勉強するのは難しいと思います。

科目の特徴を知りたい方は下記を参考にどうぞ!

出題範囲は膨大

また、1科目の出題範囲は膨大です。

例えば、僕が推奨するテキスト(らくらく教職マスター)の教育原理を見ると、次のとおり

miekenn

一般教養らくらくマスター

めちゃくちゃありますよね。

これを短期間で仕上げようとするならば、戦略が必要です!

そのためのポイントを3つ紹介します。

三重県教員採用試験 教養試験を攻略する3つのポイント

科目が多く、範囲の広い教養試験を攻略するためのポイントを3つ解説します!

ポイント①:出題数の把握

勉強する前に、科目の優先順位を決めましょう!

理由は1つ、科目によって出題数が異なるからです。

例えば、次の科目ならどちらを優先して勉強しますか?

・数学:4問
・地理:1問

教員を目指している人

「数学は苦手だし、地理かな!」

確かに数学を苦手な人が勉強するのは難しいかもしれません。しかし、4問丸々捨てるのってリスクが高いと思いませんか?

ここでの正解は「苦手だけど、出題数が多いから優先して勉強する!」です。

「苦手=捨て科目」では、ないので注意しましょう!

過去3年分の出題数一覧を公開しますね。

科目 2019 2018 2017
教育原理 7 11 1
教育法規 1 1 1
教育心理 1 1
教育史 1 3
教育時事 5 3
ローカル 5 2 6
国語 2 2 1
英語 2 2 2
保健体育 1
日本史 1 1 1
地理 1 1 2
政治 2
経済 2 1
倫理 1
数学 4 4 2
化学 1 1
地学 1

ポイント②:出る分野の把握

勉強する科目が決まったので、今すぐにでもスタートしてほしいのですが、「どこから」勉強しますか?

教員を目指している人

「とりあえず、最初から!」

こう考える方は不合格の可能性が高いです。

なぜなら、出る分野にもパターンがあるからです。

例えば、「日本史」なら「鎌倉時代~江戸時代」に絞って勉強すればいいです。その根拠がこちらのデータ。

三重県教員採用 過去問データ

過去5年間の出題分野を見ると、「鎌倉~江戸」の出題率が80%、直近であれば100%ですね。

「とりあえず、最初から」勉強すれば無駄な時間を費やすことになるかと。

冒頭でも言いましたが、教養試験は「出る科目・分野」に沿って勉強することが大切です。

そうすることで短い時間でも対策は十分にできますよ!

なお、他の科目についても「【過去問データ公開】三重県教員採用試験 勉強する科目と分野はこれです。」でデータを公開しています。有益な情報なので活用してくださいね。

参考 【過去問データ公開】三重県教員採用試験 勉強する科目と分野はこれです。note

ポイント③:復習の方法

短期間で知識をインプットするには、復習メインの勉強をすることが大切です。

先日、こういったツイートをしました。

忘れてもいいのでその場で覚えるようにしましょう!インプットで意識することは「その場で覚えようとする」こと!これをわかっていない人はまぁまぁいるんですよね。

「問題解く→わからない→解答見る→理解したつもり→次の問題解く…」これは勉強しているようで、できていない典型的パターン。

いくら勉強をしても「まったく覚えられない」人は圧倒的に復習不足です。

詳しく「教員採用試験で点数を取る勉強法|復習が大切な理由を解説!」で解説しているので、よければ参考にどうぞ!

「要領」いい勉強をすることが合格への近道です

三重県教員採用試験の教養試験を攻略するポイントを解説しました。

再度、3つのポイントを確認しましょう。

3つのポイント
  • 出題数の把握
  • 頻出分野の把握
  • 復習メインの勉強法

資格試験のように高得点がなくても60点ほどあれば十分合格ラインにのることができます。

科目も多く、範囲も広いため、「何をどれだけ勉強すれば合格点を取れるのか」意識して勉強するようにしましょう!

CHECK NOW

三重県の過去問データを見る