【簡単】教員採用試験 おすすめの「勉強方法」を4ステップで解説!

京都府教員採用試験 集団面接4つの評価ポイントとは【質問内容あり】

京都府教員採用試験 集団面接の質問内容

この記事では「集団面接で気を付けるべき4つの評価ポイントとは」というテーマで情報を公開しています。

面接では「評価されるポイント」がありまして、そこを意識して自己PRなんかを作ることが大切です。

ここを解説しつつ、過去問や対策法にも触れていきます。

京都府教員採用試験 集団面接の傾向

集団面接は一次試験に実施されます。

実施がある校種は次の4校種。

  • 中学校
  • 高等学校
  • 養護教諭
  • 栄養教諭
MEMO
  • 試験時間:20分
  • 受験者:2~3人
  • 面接官:2人

集団面接の時間は20分、1グループ2~3人で実施します。

面接官2人から質疑応答をされる形式!

集団面接で圧迫面接はあるのか

結論をいえば圧迫面接は、ほぼありません

毎年、情報提供をしてもらっていますが、ここ8年間で実際に質問された内容を確認して、圧迫面接と思われる質問はありませんでした

実際に面接官マニュアルにも「受験者を不快にさせないように」って書いてあることが多くなっています。

最近は〇〇ハラとかコンプライアンスとか問題になっていますからね。

圧迫面接はないでしょう。

面接試験の評価

面接で評価されるポイントは次の4つ。

  1. 人柄
  2. 意欲
  3. 対人関係
  4. 専門性

人柄

文字通り、受験者の人柄、性格や態度が教員として適しているかを判断します。

意欲

仕事への熱意や組織の一員として協力し合う意欲があるかなどを判断します。

対人関係

受験者が保護者や地域社会など、組織内外で対人関係を円滑に進める能力をどれくらい持っているかを判断します。

専門性

筆記試験以外での専門力(表現力や臨機応変な対応)などができるかを判断します。

評価は5段階

上記の観点から次の5段階で評価をつけます。

  • A 優秀
  • B やや優秀
  • C 普通
  • D やや劣っている
  • E 劣っている

京都府教員採用試験 集団面接の質問内容

京都府の集団面接で質問された内容は次のとおり。

1.教員を志望する理由を教えてください。

2.なぜ京都府の教員を志望したのですか。

3.学校生活で何に熱中しましたか。

4.学校生活で学んだことを、教育にどう生かしますか。

5.学生時代の思い出を教えてください。

6.あなたの短所と克服するために努力していることはありますか。

7.長所と短所を教えてください。

8.教員として大切なことは何だと思いますか。

9.今の学校の課題は何だと思いますか。

10.教員の超過勤務についてどう思いますか。

他にも受験者から提供してもらった過去問(119個の質問集)をnote(京都府教員採用 集団面接リスト119選)で公開しています。ぜひ、活用してください。

聞かれた質問内容をチェック

noteで質問内容を見る

京都府教員採用試験 集団面接の対策法

集団面接は筆記試験のように黙々と勉強をしても効果が薄いです。

理由は人間が人間を評価する試験だからです。

つまり、自分がどれだけ時間をかけて頑張ったとしても、評価者の目にとまらなければ合格はありません。

だから、一人で黙々と対策はできないので注意が必要です。

👉「【対策】教員採用試験 集団面接のポイントは「短答・簡潔」がすべてです。」でポイントを解説しています。参考にどうぞ!

教員採用試験「集団面接」のコツ 【対策】教員採用試験 集団面接のポイントは「短答・簡潔」がすべてです。

京都府教員採用試験 集団面接まとめ

この記事は京都府教員採用の集団面接をまとめていました。

試験に合格するパターンは次の3つです。

  1. 筆記試験、面接共に平均より上
  2. 筆記試験で高得点(80点以上)、面接は普通
  3. 筆記試験で平均(60点)、面接でB以上。

あなたは、どのパターンで合格を目指しますか?筆記試験で80点以上が取れる受験者は少ないです。

つまり、多くは面接勝負ってこと。早めに対策をはじめましょう!

聞かれた質問内容をチェック

noteで質問内容を見る