【簡単】教員採用試験 おすすめの「勉強方法」を4ステップで解説!

【質問内容あり】神奈川県教員採用試験 面接を得意にする3つのテクニックを解説 !

神奈川県教員採用 個人面接の対策

神奈川県の教員を目指す人

  • 個人面接って、どんな傾向?
  • どんなことが聞かれるの?
  • どうやって対策したらいい?

このような悩みや疑問を解決できる記事を書きました!

この記事では「神奈川県教員採用試験 個人面接」をテーマに情報を公開しています。

「面接が不安な人」や「聞かれた質問内容が知りたい人」におすすめの内容です。

情報盛り沢山で書いているので、参考になるはずですよ!!

神奈川県教員採用試験 個人面接の傾向

神奈川県の個人面接は二次試験に全校種で実施されます。

MEMO
  • 試験時間:20分程度
  • 面接官:2人

試験時間20分〜25分で行われ、面接官2人から質問される形式です。

神奈川県教員採用試験 面接カード

面接は事前に提出する面接カードの内容に沿っておこなわれます。

内容は次のとおり。

  • 氏名、住所、学歴、職歴
  • 選考の分野
  • 免許状以外の得意科目
  • 指導できるクラブ名
  • 特技
  • 趣味・娯楽・スポーツ等
  • 部・クラブ、ボランティア歴(名称と時期)
  • 教育実習の経験
  • 長所、短所(具体的に)60字程度
  • 神奈川県を志望した理由 150字程度

なお、面接カードの書き方や注意事項を知りたい方は「教員採用試験 願書の書き方次第で合否が決まる理由とは」を参考にしてください。

面接カードの内容で面接を自分の思い通りにコントロールすることも可能です。時間をかけて作成できるようにしましょう。

【公開】神奈川県教員採用試験 個人面接の質問内容

実際に質問された内容をまとめています。

注意

受験者から提供してもらったデータです。無断での使用・複製等を禁じます。

しっかりと答えることができるか確認してみましょう。

1 あなたが異性の生徒と親しくメールのやり取りをするようになってしまったらどうしますか。

 

2 あなたが思う「教育の原点」とは何ですか。

 

3 あなたが学校現場でストレスに感じていることはどこですか。

 

4 あなたが教員に向いているところはどこですか。

 

5 あなたが教師として大切にしたいことは何ですか。

 

6 あなたが生徒とメールアドレスを交換したとします。次第にメールのやり取りが多くなってきました。あなたならどう対

応しますか。

 

7 あなたが普段挨拶をしている生徒が突然挨拶をしなくなったらどうしますか。

 

8 あなたの考える理想の教育相談体制とはどのようなものですか。

 

9 あなたの現在勤務している学校の挨拶状況を教えて下さい。

 

10 あなたの授業で「深い学び」は実現できていますか。

うまく自分の言葉で答えることができましたか?

なお、「もっと質問内容を知りたい!」という方は「神奈川県教員採用 個人面接リスト118選」を参考にしてください。残り108個の質問内容を公開しています。

貴重なデータを公開中!

noteで質問内容をチェックする。

神奈川県教員採用試験 個人面接の対策法

個人面接に関する僕の意見は次のとおり。

上記ツイートの通りでして、面接で評価を上げるためには面接官に「こいつと働いてもいい、働いてみたい」と思わせる必要があります。

そして、印象をよくするためには、自信を持って面接に臨むことが重要!

面接で自信を持つために必要なことは、

  • 自己分析
  • 自主トレ
  • 実践練習

の3つをこなすことです。

自己分析

先ほども書きましたが、面接は面接カードに沿っておこわれます。

つまり、ある程度、質問を予測しながら準備することができます。そこで大切なのが自己分析です。

面接は1つのテーマを深掘りして聞かれる傾向があるため、薄っぺらい経験だけだと回答に詰まってしまいますよね。

だからこそ、時間をかけて自己分析をして、何を聞かれても大丈夫なようにしておく必要があります。

自主トレ

自己分析で話す内容が決まったら、質問集をもとに自分の言葉で回答する練習をしましょう。

神奈川県で質問された内容は「神奈川県教員採用 個人面接リスト118選」を参考にしてください。

ここである程度、自信がついたら実践練習をおこなっていきます。

CHECK NOW

noteで質問内容をチェックする。

実践練習

面接は自分1人では結果がわかりません。

なぜなら、面接官が評価をつけるからです。そして、重要なのが内容ではなく印象ということ!

もし面接が話す内容で合否が決まるなら、ネットから合格した人の模範解答を完コピすればいいですよね。

でも完コピしたとしても評価はバラつきます。なぜでしょうか?

結局はその答案を「どう伝えるのか」が重要だからです。つまり、内容は意味がわかる程度で、それをもとに話す人間性が重要だということ。

そしてその人間性は1人ではわかりません。だから面接官役を手配して実践練習を重ねるのです。

注意

面接の評価が低い人は実践練習が不足しがち。

面接が苦手な人は練習を多くするようにしたほうがいいですよ。詳しくは「【合否に直結】教員採用試験 個人面接が上手な人は受かりやすい」をご覧ください。

神奈川県教員採用 個人面接まとめ

この記事は神奈川県教員採用の個人面接をまとめていました。

面接の苦手や不安を減らすには、たくさん練習するしかありません。

スポーツと同じで、練習せずに本番で実力が発揮できるでしょうか?できませんよね。

自信をつけるためにも、早めに対策をはじめましょう!

貴重なデータを公開中!

noteで質問内容をチェックする。