【簡単】教員採用試験 おすすめの「勉強方法」を4ステップで解説!

【勉強法】香川県教員採用試験 総合教養の負担を減らす2つのノウハウ

香川県の教員を目指している方、どうも福永( @kyosai365)です。

この記事では「総合教養の勉強負担を減らす2つのノウハウ」というテーマで勉強法に関する内容を書いています。

先日、下記ツイートをしました。

勉強できない多くの原因は「傾向をしらずに」するからです。

例えるなら、暗闇の海岸にいる状態で全力ダッシュしている感じ。

何も見えない状態で走ったら、どうなりますか?こけて海に落ちるかもしれませんよね。

でも、暗闇の中でもライトが照らされれば海に落ちる可能性は低くなります。

本記事を読むことで、暗闇のなかにライトを照らすことができますよ!

福永

記事を書いている僕は、大学等で教員志望者に指導しつつ、月間アクセス数15万〜30万の情報ブログ「Road to Success」を運営しています。キャリアは11年目になりました!

香川県の総合教養を攻略するノウハウを解説しています。

勉強の仕方(全体像)に関しては「【簡単】教員採用試験 おすすめの「勉強方法」を4ステップで解説!」も参考にしてみてくださいね。

香川県教員採用試験 総合教養で知っておくべき3つの傾向

最初に操業教養試験で押さえておくべき傾向を解説します。

サクッと見ておきましょう。

傾向①:試験科目

募集要項には、総合教養は「社会人として身につけておくべき一般的知識・教養及び国際社会との関わりや資源・環境問題などの知識、教職教養の知識」と長ったらしい説明が書いてあります。

要は「教職教養」「一般教養」の2分野から出題があるということ!

教職教養

簡単にいえば、教員として知っておかなければならない知識のことです。

例えば、生徒指導や体罰に関する知識などですね。

香川県で出題されている科目は次のとおり。

  • 教育原理
  • 教育法規
  • 教育心理
  • 香川県の教育施策(ローカル)

科目の特徴を「【まとめ】教員採用試験の教職教養は重要?勉強法をデータ付きで解説!」で解説しています。

一般教養

簡単にいえば、中学校~高校までに勉強してきた知識のことです。

例えば、国語や数学、英語などですね。

香川県で出題される科目は次のとおり。

  • 人文科学
  • 社会科学
  • 自然科学
  • 一般常識
  • 社会時事
  • 香川県の歴史や人物など(ローカル)

科目の特徴を「【まとめ】教員採用試験で絶対に知っておきたい一般教養を攻略する戦術とは」で解説しています。

傾向②:試験時間と問題数

MEMO
  • 試験時間:60分
  • 問題数:50個

総合教養は試験時間60分、問題数50個で出題されています。

1問あたり1分ちょっとで解かないと時間切れになるので注意が必要!

傾向③:過去問で出題形式を確認しよう。

実際に出題された問題を見て、出題形式の確認をしましょう!

ローカル問題

香川県教育委員会では、より良い環境づくりや環境の保全に配慮した行動がとれる子どもを育てるため、児童生徒が友だち同士や学級、委員会などで推進グループを作り、省資源・省エネルギー推進コース、生物保護コース、学校・地域環境保全コースのいずれかに取り組む活動を推進している。平成30年度は、小学校、中学校、高等学校の57の推進グループがこの活動に登録している。この活動の名称は何か。次の①~④から一つ選んで、その番号をマークせよ。

 

①レッツ!クリーン活動
②チャレンジ!エコライフ活動
③レッツ!リサイクル活動
④チャレンジ!クリーン活動

国語

次の①~④の文のうち、下線部の漢字が正しく使われているものはどれか。一つ選んで、その番号をマークせよ。

 

①校旗を敬揚する。

②冷嘆な態度をとる。
③実力を誇持する。

④辛辣な批判を浴びる。

教育原理

次の①~④の教育実践とその提唱者の組合せのうち、誤っているものはどれか。一つ選んで、その番号をマークせよ。

 

① イエナ・プラン   ―― ペーターゼン
② ウィネトカ・プラン ―― ウォッシュバーン
③ ドルトン・プラン  ―― パーカースト
④ モリソン・プラン  ―― キルパトリック

出題は4つの選択肢から1つを選ぶ形式です。

なお、過去5年分の出題分野データを「香川県教員採用試験 過去の出題データを公開」で公開しています。

香川県教員採用試験 総合教養の勉強法

香川県の総合教養は出題科目数が多いため、計画を立てて勉強する必要があります。

そのために必要なのが「過去問分析」。

過去問分析をすることで、「何の科目が重要なのか」「科目のどこが出やすいのか」を知ることができるからです!

教員を目指している人

過去問を見ることはわかるけど、どうやって分析したらいいの?

そうなんですよ。

予備校も各サイトも「過去問分析は重要!」とは言うけど、「どうやってすればいいのか」までは教えてくれません。

「試行錯誤しながら分析することに意味がある」という意見もありますけど、僕は無駄な時間だと思いますよ。

なぜなら、過去問分析は「何がでるのか、どこが出るのか」を知るための道具であって、過去問を使って勉強するわけじゃないからです。

ですから、出題傾向さえ知れれば、過去問は用済みなわけですよ!

そこで、あなたの無駄な時間を省くために、僕が過去問を分析した出題傾向を公開します!

勉強法①:科目ごとの出題数を公開!

勉強するうえで重要なことは「科目の優先順位」を決めて勉強することです。

理由は次の2つ。

  • 試験科目が多いので、全部をやるのは無理
  • 専門の配点が高い

専門試験に比べて、試験科目・範囲は広いし、配点も低いため総合教養にハマると落ちますよ。

だからこそ、総合教養はサクッと出るところを集中して勉強することが大切です。

福永

落ちる人ほど、この法則を分かっていないので時間をかけすぎていますよ!

試験ごとの出題数

2019 2018 2017
教育原理 7 8 6
教育法規 6 5 6
教育史 1 1 1
ローカル 2 1 2
国語 5 5 6
英語 4 4 4
音楽 1 1 1
美術 3 2 2
保健体育 2 1 1
家庭 2 2 1
日本史 1 1 1
世界史 2 1 2
地理 1 1 2
政治 1 1
経済 2 1
数学 3 2 3
物理 1 1 1
化学 1 1 1
生物 1 1 1
地学 1 1 1
時事 3 4 5
ローカル 2 4 1

目標は60点です。

どの科目を勉強すれば目標点につくかシミュレーションしましょう!

勉強法②:出る部分を知る

傾向を知ることで、「勉強しても意味がない科目」「負担が軽くて勉強しやすい科目」を知ることができますよ!

もし僕が勉強するなら、社会科目はすべて捨てます!

なぜなら、「出題範囲を絞れない」ですし、「時間をかけてもコスパが悪い」からです。

例えば、日本史の出題傾向を見ると次のとおり。

香川県教員採用試験 過去問データ

まったく傾向が見えてこないですよね・・・。

全範囲やっても1問しかでないため、時間をかけて勉強するだけ無駄です。

どうしても勉強するなら「中世(鎌倉~室町)」に絞って勉強するくらいですね。

同じ感じで、教育法規を勉強するなら「学校教育法」「教育基本法」「地方公務員法」の3つを徹底して勉強します。

理由は1つ。100%出てくると予想できるから!

データを見せると、次のとおり。

香川県教員採用試験 過去問データ2

過去5年間で13条文から出ていますが、上記3つは100%出ていますね。

他の条文に時間を使うより確実に点を取れると思いませんか?

こんな感じで各科目のデータを「香川県教員採用試験 過去の出題データを公開」で公開しているので参考にしてくださいね!

CHECK NOW

香川県の出題データを確認する

科目が多くても、やり方次第で攻略可能!

香川県教員採用試験の総合教養を解説していました。

本記事のおさらいです!

まとめ①:過去問分析

過去問は出題傾向を知るために使うもので、これを使って勉強する道具ではありません。

まとめ②:科目ごとの出題数

試験科目は多いけど、出る科目を優先して勉強しましょう。

全科目を勉強しては時間が足りません。

まとめ③:出る分野

科目ごとに「出やすい分野」「出ない分野」があるので、それを知って勉強しましょう。

傾向がつかめない科目で出題数の少ないものは捨てましょう。合計60点ほどあればOKです。

再度、繰り返しになりますが、「全科目・範囲」をカバーする必要はありません。試験で大切なことは「要領」よく勉強すること!

情報は公開しているので、上手く活用して勉強していきましょう!あとはやるだけです!!

関連記事香川県教員採用試験 過去の出題データを公開

関連記事【簡単】教員採用試験 おすすめの「勉強方法」を4ステップで解説!