【簡単】教員採用試験 おすすめの「勉強方法」を4ステップで解説!

茨城県教員採用試験 落ちる教養試験の勉強法|正しい方法を解説!

茨城県教員採用試験 教養試験の勉強法

茨城県の教員を目指している方、どうも、福永( @kyosai365)です。

この記事では「落ちる教養試験の勉強法|正しい方法を解説!」というテーマで書いています。

先日、こういったツイートをしました。

最近思うけど、どんなに頑張っても「正しい勉強」をしないと点数は取れないですよね。わかりやすい例だと参考書の使い方。未だに「1ページ目」から勉強している人を見かけるけど、そこ出るの?と問いたい。一方である単元だけボロボロの人はちゃんと意味を持って勉強しているんだなって思う←重要!

結論からいうと、「根拠に基づいて勉強しよう」ってことです。

なぜなら、根拠がないと今やっている勉強が正しいのか、間違っているのか分からないからです。

根拠を知るためには、情報分析が必須!

データを用いながら勉強方法を解説していきます。

✔︎想定読者
  • はじめて勉強する人
  • 何から手をつけていいか分からない人
  • 勉強が苦手な人

なお、この記事を書いている僕は、大学等で教員志望者に指導をしつつ、月間15万~30万人が読んでいる教員採用試験の情報ブログ「Road to success」を運営しているという感じです。

「点数を取るために何が必要なのか」知ることができますよ。ぜひ参考にしてみてくださいね🙇‍♀️🙇‍♀️

茨城県教員採用試験 間違った勉強をするから不合格!

勉強ができない人がやりがちな勉強方法が次の2つ。

  1. 根拠のない勉強
  2. 参考書の初めからやりがち

それぞれ解説します。

根拠のない勉強

「教育原理は重要だ!」

教員採用試験の情報雑誌やネット、予備校など、どこでも口を揃えて言っているので聞いたことがあるかもしれません。

確かに、教育原理は試験では出やすく、教員の基礎的な知識が詰まっているので重要な科目です。

でも、本当に出ると思いますか?こちらの表をご覧ください。

科目 2019 2018 2017
教育原理 20
教育法規 12 10 15
教育心理
教育史 5
教育時事 5 10
ローカル 3 2

過去3年間の科目別出題数のデータです。

見てわかると思うけど、「教育原理」の出題は直近2年間でゼロ。むしろ、「教育法規」を優先して勉強しないと点数を上げることは厳しいですよね。

「教育原理は重要だ」という情報を鵜呑みにして、根拠のない勉強をしないことが大切です。

参考書の初めからやりがち

日本人は律儀な性格なので、何でも「初めから」やろうとします。

勉強でもそうでして、1ページ目から勉強をします。でも、本当に最初って必要ですか?

下記図は過去5年間で出題された数学のデータです。

茨城県教員採用試験

参考書の冒頭「数の計算」や「式の計算」は、ほとんで出題がありません。反対に、参考書中盤くらいに出てくる「図形」や「確率」の出題率は80%〜100%です。

  • 参考書の1ページ目(数の計算)から勉強する
  • 参考書の100ページ目(図形)から勉強する

同じ時間しか使えない場合、どちらの勉強法が正しいと思いますか?

後者ですよね。

日本の教育は最初から教え込む習慣があるので、慣れないのも仕方がありません。

でも、教員採用試験では時間がすべてです。今からでも十分変えることはできます。

ぜひ正しい勉強法で効率よく対策をしましょう!

茨城県教員採用試験 効果的な勉強方法で無駄を断捨離

先日、こんなツイートをしました。

教養試験の対策で重要なことは「すべての範囲をカバー」しようとしないことです。そんなやり方だと試験までに間に合いません。出る科目・分野を予想し、そこだけを集中して勉強するのです。限られた時間の中で合格点をとるには、「要領」を踏まえて勉強しないと頭のいい人には勝てませんよ。

要領よく勉強するには、出題傾向を知って勉強することです。

そのために必要な情報が過去の出題データです!

ちょっとした余談(注意)

よく、「過去問分析を知ろ」って言うんですけど、正直、初学者が過去問を見たところで、「何の科目で、どの分野なのか」知ることって無理だと思うんですよ・・・。

なので、出題形式(選択肢の数とか、記述?マークシート?みたいな)の確認と問題数のチェックくらいでOKです。最後<過去問で形式を把握しよう!>にいくつかまとめているので、参考にどうぞ!

代わりに、僕がデータを公開します👌

勉強で必要な情報は次の2つ。

  1. 科目ごとの出題数
  2. 科目ごとの頻出分野

科目ごとの出題数

勉強するときに意識することは、科目に優先順位をつけて勉強することです。

理由は簡単でして、科目ごとに出題数が異なるからです。

根拠は過去問を分析して、科目ごとに出題数を見ると一目瞭然!具体的に見てもらった方が早いと思うんで、3年分の出題数をまとめました!

科目 2019 2018 2017
教育原理 10
教育法規 12 10 15
教育史 5
教育時事 5 10 10
ローカル 3 2
国語 3 3 4
英語 2 2 4
日本史 1
世界史 1 1
地理 1 2
政治 1 1
社会 1
法律 1
数学 5 5 7
物理 1 2 2
化学 2 1 2
生物 1 1 3
地学 1 1
ローカル 2 2 2

得点戦略を立てて勉強する

どの科目で得点を取っていけば目標点数(60点)に届くかわかりましたか?

上記の表をもとに科目を次の4つに分類します。

  1. 出題数が多い・苦手な科目
  2. 出題数が多い・得意な科目
  3. 出題数が少ない・得意な科目
  4. 出題数が少ない・苦手な科目

このうち④は思い切って捨てます。そして攻略すべきポイントは①と③です。

教員を目指している人

教育法規が苦手なんだよね・・・

 

教育法規は①に該当するので、勉強は必須です!

 

 

日本史とか世界史なんて無理、暗記無理!!

少年

 

日本史も世界史も④に該当するので、勉強しなくてOK。

ここをいかに早く攻略できるかが得点を上げるために必要ということを踏まえて計画を立ててください。

科目ごとの頻出分野

やるべき科目が決まったら、集中して攻略する分野を見ていきます。

もし、僕が数学を勉強するなら「図形分野」と「確率分野」を徹底して勉強する作戦でいきますね。

なぜなら、出題率が圧倒的に高いからです。

茨城県教員採用試験

過去5年間の出題分野を一覧にしたデータです。

見ての通り、「図形分野」から100%、「確率分野」から80%の出題がありますね。

方程式も出題率は高いけど、できるまでに時間がかかるので後回しかな。

なので、やり方さえ分かれば得点化しやすい「図形」「確率」を優先して勉強します。

MEMO

教養試験で重要なことは「割り切り」です。

必要な科目・部分を徹底して鍛え、いらないところはバッサリ捨てる。この割り切りが上手な人が合格するのです。

💁他の科目についても「茨城県教員採用 教養試験の出題分野一覧」で公開しています!参考にしてください🙇‍♂️

なお、僕がいうことでもないですが、やるべきことが分かるだけでも勉強が楽になりますよ。ここを把握できたら、合格点を取ることに近づくと思います。

CHECK NOW

茨城県教員採用 教養試験の出題分野一覧

茨城県教員採用試験 過去問で形式を把握しよう!

出題された問題を見て、形式(選択肢の数など)を把握しましょう!

教職科目「教育時事」

次の文は,平成30年6月15日に閣議決定された,2030 年以降の社会の変化を見据えた教育政策の在り方を示す計画の前文の一部を抜粋したものである。これについて,下の⑴,⑵の問いに答えなさい。

 

今,我が国は,人生100年時代を迎えようとしており,また,(   )(Society5.0)の実現に向けて人工知能(AI)やビッグデータの活用などの技術革新が急速に進んでいる。こうした社会の大転換を乗り越え,全ての人が,豊かな人生を生き抜くために必要な力を身に付け,活躍できるようにする上で,教育の力の果たす役割は大きい。

 

⑴ この計画の名称を,次のa~eの中から一つ選びなさい。
a.教育の情報化加速化プラン
b.教育改革のための重点行動計画
c.子供の読書活動の推進に関する基本的な計画
d.科学技術基本計画
e.教育振興基本計画

 

⑵ (   )に当てはまる語句として最も適切なものを,次のa~eの中から一つ選びなさい。
a.超スマート社会
b.脱工業社会
c.情報化社会
d.持続可能な社会
e.知識社会

 

(1)e
(2)a

 

教職科目「教育法規」

次の文は,法令文等の条文の一部を抜粋したものである。文中の(   )に当てはまる語句を,下のa~eの中からそれぞれ一つ選びなさい。ただし同じ条文中の(   )には同じ語句が入るものとする。

 

学校においては,児童生徒等の安全の確保を図るため,当該学校の施設及び設備の(   ),児童生徒等に対する通学を含めた学校生活その他の日常生活における安全に関する指導,職員の研修その他学校における安全に関する事項について計画を策定し,これを実施しなければならない。

 

a.調整  b.安全性  c.安全配慮  d.安全診断  e.安全点検

 

正答:e

 

一般教養「経済」

次の問いに答えなさい。
価格に関する説明として間違っているものを,次のa~eの中から一つ選びなさい。

 

a.市場価格… 商品が実際に市場で売買される価格で,需要と供給の関係で変動する。
b.統制価格… 完全自由競争市場で成立し,技術革新と生産性向上により低下する価格。
c.生産価格… 商品の平均生産費用に平均利潤を加えた価格で,A・スミスの自然価格にあたる。
d.寡占価格… 企業間に若干の競争状態が存在しているが,企業が価格協定を結んでいる場合に成立する価格。
e.管理価格… 有力企業がプライス・リーダーとして価格を設定し,他の企業がそれにならう場合の価格。

 

正答:b

 

 

💁過去5年間の出題傾向を「茨城県教員採用 教養試験の出題分野一覧」で公開しています。

CHECK NOW

茨城県教員採用 教養試験の出題分野一覧

茨城県教員採用試験 勉強を効率化する2つのツール

勉強する上で必要な参考書・問題集や使い方(暗記術)でおすすめの記事を3つ紹介します。

上記で解説した情報をもとに取り組んでみましょう!

おすすめの参考書・問題集

💁【2020年度】教員採用 おすすめの参考書と使い方

参考 【2020年度】教員採用 おすすめの参考書と使い方Road to success

科目別出題分野の一覧

💁茨城県教員採用 教養試験の出題分野一覧

参考 茨城県教員採用 教養試験の出題分野一覧note

記憶に残す暗記術

💁教員採用試験で点数を取る勉強法|復習が大切な理由を解説!

教員採用試験で点数を取る勉強法教員採用試験で点数を取る勉強法|復習が大切な理由を解説!

茨城県教員採用試験 勉強法まとめ

  • 教職教養と一般教養からバランスよく出題
  • 科目の優先順位を決めて勉強
  • 目標は60点~70点

茨城県教員採用の教養試験をまとめていました。

一番対策がかかる試験ですが、重要度は高くありません。

そのため割り切った対策が必要だということを覚えておきましょう。深堀のし過ぎは不合格へ直結しますよ。

CHECK NOW

茨城県教員採用 教養試験の出題分野一覧