【簡単】教員採用試験 おすすめの「勉強方法」を4ステップで解説!

兵庫県教員採用試験 受かる面接とは|3つのポイントを解説!

兵庫県教員採用 個人面接の過去問

兵庫県の教員を目指す人

  • 個人面接の傾向は?
  • どんな質問が聞かれるの?
  • どうやって対策したらいい?

このような疑問に答える内容を書きました!

この記事では「兵庫県教員採用試験 個人面接」をテーマに情報を公開しています!

この記事を読めば、個人面接の「傾向から、対策法、実際に聞かれた質問内容まで」具体的に知ることができますよ。

これだけの情報があれば、何をやればいいのか、すぐにわかるはずです。

兵庫県教員採用試験 個人面接

兵庫県の個人面接は二次試験に実施されます。

配点は180点であり、面接で点数が取れないと最終合格は厳しいです。

MEMO
  • 試験時間:25分
  • 面接官:2人

試験時間は25分(養護教諭は30分程度)で、面接官2人から質問される形式。

面接では「志望動機」から「理想の教師像」まで幅広く質問されています。自己分析をしっかりしておきましょう。

詳しくは「教員採用試験 願書の書き方次第で合否が決まる理由とは」を参考にしてください。

圧迫面接

結論をいえば圧迫面接は、ほぼありません

毎年、情報提供をしてもらっていますが、ここ8年間で実際に質問された内容を確認して、圧迫面接と思われる質問はありませんでした

実際に面接官マニュアルにも「受験者を不快にさせないように」って書いてあることが多くなっています。

最近は〇〇ハラとかコンプライアンスとか問題になっていますからね。

圧迫面接はないでしょう。

兵庫県教員採用試験 個人面接の質問内容

実際に質問された内容をまとめています。

注意

受験者から提供してもらったデータです。無断での複製・転載は禁じます。

自分の言葉で応答できているか確かめてみましょう。

1.緊張していますか。

2.甲子園は見ていますか。

3.なぜ教員を志望しますか。

4.なぜ兵庫県を志望しますか。

5.30秒で自己PRしてください。

6 「先生だけに言うので誰にも言わないでほしい。」と児童から相談された場合、どのように対応しますか。

7 30秒で自己PRをしてください。

8 ICTを活かしてどのような授業をしますか。

9 アクティブ・ラーニングでどのような授業をしますか。

10 アクティブ・ラーニングは本当に大切ですか。

上手に回答できましたか?

「もっと内容が知りたい!」という方はあと134個の質問内容を>>note(兵庫県教員採用 個人面接リスト144選)で公開しています。参考にしてください。

貴重なデータを公開中!

noteで質問内容をチェックする。

兵庫県教員採用 個人面接を突破する3つの方法

個人面接に関する僕の意見は次のとおり。

上記ツイートの通りでして、面接で評価を上げるためには面接官に「こいつと働いてもいい、働いてみたい」と思わせる必要があります。

そして、印象をよくするためには、自信を持って面接に臨むことが重要!

面接で自信を持つために必要なことが次の3つ。

  • その①:自己分析
  • その②:自主トレ
  • その③:実践練習

1つずつ解説します。

その①:自己分析

面接では自己PRや志望動機に関する質問が大半を占めています。

なので、しっかりと自己分析をして、自己PRや志望動機を固めておけば大丈夫です。

しかし、面接が苦手は人ほど、この過程を軽視しがち!

はやめに自己分析をすることで、余裕を持って面接練習をすることができます。

その②:自主トレ

面接はスポーツと同じです。

練習でできないことが本番でできると思いますか?無理ですよね。

だからこそ、自己練習を重ねて、どんな質問が来ても答える練習をしておかないといけません。

なお、兵庫県で質問された質問内容を>>note(兵庫県教員採用 個人面接リスト144選)で公開しています。参考にしてください。

貴重なデータを公開中!

noteで質問内容をチェックする。

その③:実践練習

最後は、第三者に評価を受けることです。

客観的なデータをうまく取り入れることで、面接は上達します。

詳しい対策方法については「【合否に直結】教員採用試験 個人面接が上手な人は受かりやすい」で公開中。引き続き確認してくださいね。

兵庫県教員採用 個人面接まとめ

この記事は兵庫県教員採用の個人面接をまとめていました。

面接の苦手や不安を減らすには、たくさん練習するしかありません。

スポーツと同じで、練習せずに本番で実力が発揮できるでしょうか?できませんよね。

自信をつけるためにも、早めに対策をはじめましょう!

貴重なデータを公開中!

noteで質問内容をチェックする。