【簡単】教員採用試験 おすすめの「勉強方法」を4ステップで解説!

【対策】教員採用試験 集団面接のポイントは「短答・簡潔」がすべてです。

教員採用試験「集団面接」のコツ

教員を目指している人

  • 教員採用試験の集団面接って何?
  • 具体的にどんな対策をすればいいの?
  • コツやポイントが知りたいな。

このような悩みを解決できる記事を書きました!

この記事は「教員採用試験の集団面接」をテーマに書いています。

主な内容

・【傾向】集団面接には種類があります。
・【コツ】ここに気を付けて、他の受験者より一歩抜け出す。
・【質問集】よく聞かれる質問内容はこれだ!
・【解説】集団面接の対策3ステップ

集団面接が初めてな人も、苦手で不安を感じている人も、何をすればいいのか知ることができますよ。

面接は努力がすぐには出ない試験です。苦手な人ほど後回しがちですが、はやめに対策をすることが実は大切です。

それでは、見ていきましょう!

なお、出願書類の書き方を知りたい方は「教員採用試験 願書の書き方次第で合否が決まる理由とは」を参考にしてみてください。

教員採用試験 集団面接の特徴を知って、対策をしよう!

 

集団面接の対策をはじめる前に傾向を確認しましょう。

集団面接といっても、いくつかの種類があるからです。

下記の表をご覧ください。

東京都 集団討論
千葉県 集団面接+集団討論
埼玉県 集団面接

東京都は集団面接と実施要項に書いていますが、内容は討論です。同じように千葉県は集団面接のなかで討論も実施します。

教員を目指している人

あれ?本当だ!思っていた集団面接と違うかも・・。

そうです!集団面接と聞けば、質問された内容に答えていくものだと思ったかもしれません。しかし、上記のように質問ではなく、話合いをさせる自治体もあるですね。

だからこそ、集団面接の対策をはじめるまえに傾向を知る必要があるのです。

教員採用試験で実施される集団面接の種類は主に3つ。

集団面接の種類① 一般型

一番シンプルな内容です。

面接官2~3人、受験者4~8人で実施されることが多いです。

埼玉県、栃木県、愛知県などが該当。

面接の進行は、次のとおり。

  1. 入室
  2. 受験番号を言う
  3. 質疑応答
  4. 退室

受験者にはA~Eなどのアルファベットがつけられます。

  • Aさんから順に答えてください
  • 挙手で答えてください

と、いった感じで質問される特徴があります。

集団面接の種類② 討論型

集団面接ではなく、集団討論です。

先ほどの東京都みたいに要綱には「集団面接」とあるけど、実態は「集団討論」。

実施要綱を隅々までみると「集団面接ではグループに分かれてテーマについて話し合いをしてもらいます」のように討論だと察することができる場合もあります。

大学や予備校で練習することはできますが、受け間違いに注意しましょう。

集団面接の種類③ 変形型

集団面接に加えていろいろ実施される試験です。

例えば名古屋市の1次試験は「集団面接」と明記されています。

実施された試験をみると、こんな感じ。

面接官

「バンジージャンプ」「ジェットコースター」「スカイダイビング」から 1つ選んで,どきどきする様子を身体で表現してください。
いま、表現したことについて説明してください

面接官

面接官

仕事一筋の会社員がいます。皆さんは,その社長です。仕事一筋の会社員に,わくわくする体験を1日だけさせたいと思います。「スキューバダイビング」「乗馬」「ゴルフ」のうちどれがよいか,1位から3位の順位を決めてください。順位付けの理由が明確になるように話し合ってください。
今回の討論は何点ですか。その理由も含めて教えてください。

面接官

集団面接とありますが、「体を使った表現」「集団討論」「集団面接」をさせられていますよね。

MEMO

集団面接にも種類があるので、必ず実施要項で内容を確認しておくこと!

教員採用試験 集団面接の対策 何をすべきか3ステップで解説

 

集団面接は筆記試験のように黙々と勉強をしても効果が薄いです。

理由は人間が人間を評価する試験だからです。

つまり、自分がどれだけ時間をかけて頑張ったとしても、評価者の目にとまらなければ合格はありません。

だから、一人で黙々と対策はできないので注意が必要です。

それを踏まえて、集団面接の対策で必要な3つの手順について解説していきます。

集団面接の対策① 自己分析

面接では「自己PR」と「志望動機」の2つが核となってきます。

そのため、今までの経験をもとに考えなくては具体的な内容を作ることができません。

まずは長所や短所、教員になりたい理由などを箇条書きでいいので、書き出していきましょう。

必ず根拠となるエピソードを踏まえること

書き出した項目ごとに、「なぜそれなのか」をエピソード付きで考えることが重要です。

考えていけば、具体的に語れるものから、微妙なものまででてきます。

具体的に語れる内容をさらに深堀していくことが重要です。

無料ツールを使って、行動特性を知っておくと楽ですよ。

無料アプリ「MIIDAS(ミイダス) 」を利用することで、自分の行動特性を知ることができます。

就職支援ツールですが、誰でも無料で利用可能。多くの質問に回答する必要はありますが、それだけ濃いデータを知ることができます。

自分が教員として適性があるのか知っておきましょう!

無料で自己診断!

>>MIIDAS(ミイダス)を利用してみる

集団面接の対策② 自問自答

質問リストを参考に、自分だったらどう答えるのかシミュレーションしましょう

ここで質問に対して、うまく答えることができている、具体的に話せているかなどを確認しましょう。

自問自答して詰まるようでは、当然、面接官には伝わりませんからね。

本サイトでも自治体の傾向をまとめているので、参考にしてください。

集団面接の対策③ 実践

ある程度、内容を固めることができたら第三者に評価をつけてもらうことが大切です。

何度も言いますが、試験は客観的に評価されるからです。

自分の質問に、自分がうまく答えることができたとしても、ただの自己満足にすぎません。

自己満足では、本当に自分の何がダメなのかに気付くことができず、結果、試験でも不合格になってしまいますからね。

実践は予備校や就活サイトを活用しよう。

面接で1番の対策はプロに見てもらうことです。

多くの人間を見てきたプロですから、自分では気づけなかったことを指摘してくれますよ。

無料で自己診断!

>>MIIDAS(ミイダス)を利用してみる

教員採用試験 集団面接のコツ

 

集団面接は「短答・簡潔」に答えることが重要です。

なぜなら集団面接は「質問された内容を理解して、まとめて話すことができるのか」を見ているからです。

一般的には「コミュニケーション能力」を見ているといえます。

ポイント① アピールの“し過ぎ”で評価ダウン?

自分のことをアピールしたいからといって、だらだらしゃべることはやめましょう。

なぜなら、試験時間は決まっていますし、他の受験者もいるからです。

例えば受験者8人、試験時間60分だとすれば1人あたり7分程度の持ち時間しかありません。

質問は5~6個聞かれるので1問あたり1分程度で返答しないといけませんよね。

そこで受験者の1人が3分も志望動機を話していたらどう思いますか?

「こいつ、話なげーよ・・・空気読めよ!」って思いますよね。

もちろん、面接官もそう思っています!

だって、ほかの受験者が話す時間を短くしている=邪魔をしているわけですからね。

集団面接では自分の他にも受験者がいるので空気を読むこともコミュニケーション能力の1つです。

ポイント② 傾聴力も大切です。

他の受験者が話しているときの態度も評価対象です!

コミュニケーションって話すだけの力でしょうか?

聞くこともコミュニケーションでは大切ですよね。

教員という仕事は教えるだけでなく、生徒の話を聞くことも重要です。人の話を真剣に聞かない人が生徒の話に耳を傾けるでしょうか。

できるだけ他の人が話しているときにも聞いている姿勢を見せるようにしましょう。

ポイント③ 競争心をむき出しにする必要はありません。

集団面接なので、考えてきた意見がかぶることは、よくあります。

  • 最近の気になるニュースはなんですか。
  • どんな教員になりたいですか。

など。

そこで先に意見を言われたからといって、競う必要はありません。

自分が思ったこと、感じたことを素直に話すことが大切です。

面接官

最近、気になったニュースはありますか。
コロナウイルスが蔓延していることです。学校でも気を付けないといけないなと思いました。

Aさん

私もAさんと同じコロナウイルスが気になりました。(自分の意見を添える)

あなた

って、感じで自分の意見を言えばOKです。

教員採用試験 集団面接の質問内容を紹介!

 

自治体によって聞かれる内容は様々ですが、多くは自己PRと志望動機に関連する内容です。

よく聞かれる質問内容は次のとおり。

・自己アピールをしてください。

・〇〇県を志望する理由を教えてください。

・いじめについてどう思いますか

・ストレス解消法を教えてください。

・保護者と信頼関係をつくるにはどうすればいいですか。

・〇〇県が掲げる教育目標を言ってください。

ストレス耐性や保護者に関する質問は年々増えています。

必ず自分の意見を言えるように準備しましょう。

自己分析に時間をかけることが重要!

自己PRや志望動機を考えるときに大切なのが自己分析です。

自分のことって、知っているようで実は全然わかっていないことが多いです!

MIIDAS(ミイダス) 」を使って、客観的に自己分析をしてみましょう!

無料で自己診断!

>>MIIDAS(ミイダス)を利用してみる

教員採用試験 集団面接のまとめ

  • 集団面接の内容は事前チェックすること
  • コミュニケーション力が重要
  • 自分の考えをプラスする

集団面接は個人面接と違ってアピールできることが少ないです。

他の受験者と比べられることも考えておきましょう。

だからといって、無理に自分を大きくみせる必要はありません。

最大限に自分をアピールできればいいのです。

無料で自己診断!

>>MIIDAS(ミイダス)を利用してみる