【簡単】教員採用試験 おすすめの「勉強方法」を4ステップで解説!

【情報まとめ】福島県教員採用試験 合格ロードマップ【試験結果あり】

福島県教員採用試験 倍率の推移

この記事では「福島県教員採用試験」の情報をまとめています。

✔︎福島県の求める教員像!

福島県では、未来を担う子どもたち一人一人の「確かな学力」、「豊かなこころ」及び「健やかな体」の育成を図ることができる次のような教師を求めています。

  • 児童生徒の人権を尊重し、教育的愛情と教育に対する情熱、使命感を持って常に学び続ける教師
  • 教育者としての深い専門性や幅広い教養を持ち、実践的指導力のある教師
  • 社会人として心身共に健康で、高い倫理観と自律心を持ち、個性豊かで児童生徒、保護者、地域住民から信頼される教師

採用試験の流れや実施状況(倍率)、試験内容などをまとめています。

3分で理解できます。参考にしてみてくださいね。

福島県教員採用試験 日程

ここでは採用試験の流れ(出願〜最終合格まで)をまとめています。

2020年(令和3年度)

出願期間 5月8日~22日
一次試験 7月18日,19日
一次試験合格発表 8月下旬
二次試験 小学校 9月12日
中学校 9月13日
高等学校 9月19日~21日
特別支援学校 9月19日~20日
養護教諭 9月13日
最終合格発表 10月下旬

💁全自治体の日程を「【2021年度版】教員採用試験 日程一覧|全国の試験日を掲載!【2020年試験】」でまとめています。

併願を考える際の参考にどうぞ!

2019年(令和2年度)

出願期間 5月10日~24日
一次試験 7月20日
一次試験合格発表 8月下旬
二次試験 小学校 9月7日
中学校 9月8日
高等学校 9月14日~16日
特別支援学校 9月14日~15日
養護教諭 9月8日
最終合格発表 10月21日

福島県教員採用試験 年齢制限

福島県を受験できる年齢要件をまとめています。

MEMO
2020年から実質制限が撤廃されています。

2020年(令和3年度)

2020年(令和3年度)実施
年齢要件 満60歳以下の者(昭和36年4月2日以降に生まれた者)

👉全自治体の年齢要件を「教員採用試験に年齢は関係ない?【全国の年齢制限一覧】」でまとめています。

2019年(令和2年度)

2019年(令和2年度)実施
年齢要件 満50歳以下の者(昭和44年4月2日以降に生まれた者)

(注1)特別選考Ⅰの者のみ、満59歳以下の者(昭和35年4月2日以降に生まれた者)

福島県教員採用試験 募集教科と採用人数

ここでは募集される教科(科目)、採用予定人数をまとめています。

2020年(令和3年度)

校種等 教科(科目等) 予定
小学校教諭 280名
中学校教諭 国語、社会、数学、理科、音楽、美術、保健体育、技術、家庭、英語 130名
高等学校教諭 国語、地理歴史、公民、数学、理科、保健体育、音楽、美術、英語、家庭、農業、工業商業、水産 40名
特別支援学校教諭 小学部、中学部、高等部 60名
養護教諭 30名

2019年(令和2年度)

校種等 教科(科目等) 予定
小学校教諭 300名
中学校教諭 国語、社会、数学、理科、音楽、美術、保健体育、技術、家庭、英語 150名
高等学校教諭 国語、地理歴史、公民、数学、理科、保健体育、音楽、美術、英語、家庭、農業、工業、商業、水産 40名
特別支援学校教諭 小学部、中学部(中学校教諭と同一教科)、高等部(高等学校教諭と同一教科 ・科目。ただし、水産を除く。) 70名
養護教諭 30名

福島県教員採用試験 特別選考

福島県では、今までの経験や実績に応じた特別選考を実施しています。

一般選考に比べて試験内容の変更や免除などのアドバンテージを受けることができます。

主な内容は次のとおり。

(教職経験者特別選考)
(臨時的任用職員等経験者特別選考)

教職経験者特別選考

教諭や養護教諭として現職にあり、令和2年4月1日現在継続して2年以上の教職経験がある者、又は教諭や養護教諭として過去に継続して2年以上の教職経験がある者は次の措置を受けることができる。

  • 教職教養→小論文、学習指導案作成・模擬授業
  • 集団面接→個人面接

臨時的任用職員等経験者特別選考

福島県内の公立学校及び同県内の国立大学法人附属学校において、任期付職員又は臨時的任用職員として直近の3年度間に、通算15ヶ月以上の教職経験がある者は次の措置を受けることができる。

  • 一次試験の教職教養を免除

👉講師経験者は受かりやすい?教員採用試験における特別選考とは

福島県教員採用試験 一次試験の内容

ここでは、一次試験の内容や傾向をまとめています。

注意
一般選考の内容です。

次のとおり。

  • 教職教養
  • 専門教科
  • 集団面接
  • 実技試験

福島県教員採用試験 教職教養の傾向

教員採用の教養試験は「教職教養」と「一般教養」に分類されますが、福島県の教養試験は教職教養のみ出題されます。

特徴は受験する校種によって、内容が異なることです!

試験時間は30分で、27問〜30問に解答します。

具体的な勉強方法を「【勉強法解説】福島県教員採用試験 教職教養で勉強すべきは教育法規です」で解説しています。

福島県教員採用 教職教養の過去問 【勉強法解説】福島県教員採用試験 教職教養で勉強すべきは教育法規です

福島県教員採用試験 専門教科の傾向

専門教科は自分が指導する教科についての専門性を問う筆記試験です。

配点が教職教養の2〜4倍あるため、高得点を取るほど有利になります。

勉強法を「5分でわかる!教員採用試験の専門教養で70点をを確実にとるための勉強法!」で解説しています。

教員採用試験「専門科目」の勉強法 【勉強法】教員採用試験 専門教養で70点を確実にとるテクニック

福島県教員採用試験 集団面接の傾向

試験時間30分で、自己PRや志望動機について質疑応答する試験です。

集団面接の過去問(質問内容)

・教員に求められているものは何ですか。

・長所と短所を教えてください。

・短所を克服した経験を教えてください。

・今までの経験で、だれにも負けないことを教えてください。

・新学習指導要領について、知っていることを教えてください。

・ボランティア経験はありますか。

・教師としての意気込みは何ですか。

・部活動の顧問になったとき部活動を通してあなたは何を伝えたいですか。

・体罰やいじめはどうしたら防げると思いますか。

・教員の不祥事はどのようにしたら防げると思いますか。

👉【対策】教員採用試験 集団面接のポイントは「短答・簡潔」がすべてです。

福島県教員採用試験 二次試験の内容

ここでは、二次試験の内容や傾向をまとめています。

内容は次のとおり。

  • 個人面接
  • 集団討論
  • 模擬授業
  • 小論文
  • 適性検査

福島県教員採用試験 個人面接の傾向

個人面接は普通の質疑応答と事例対応の2つがおこなわれます。

事例対応は学校生活で起こりそうな事例が示されるので、その事例をみて質問される試験です。

試験時間は15分ほど。

事例対応の過去問(内容)

A教諭は,退勤時間が迫っていたために,学期末の成績処理を自宅で行おうと,自分のUSBメモリーに生徒の成績を記録して持ち帰った。途中,店での買い物のために,USBメモリーの入ったバッグを助手席におき,車に鍵をかけて買い物をした。10分後,戻ってみると車の鍵が開けられバッグがなくなっていた。

・あなたならこの後どう対応しますか。

・今回の件で問題点は何だと思いますか。

・個人情報の管理で大切なことを教えてください。

個人面接の過去問(質問内応)

1 今朝は何時におきましたか。

 

2 大学で頑張ったことは何ですか。

 

3 教室内を歩き回っている児童にどう対応しますか。

 

4 コミュニケーション能力に自信はありますか。

 

5 保護者対応で困っていることはありますか。

 

6 どんな教師になりたいですか。

 

7 長所と短所を言ってください。

 

8 短所で困ったことはありますか。

 

9 教師を目指したきっかけを教えてください。

 

10 福島県を志望する理由を教えてください。

こういった質問された内容をもとにシミュレーションを重ねることが大切です。

「もっと質問内容が知りたい!」という方は「【過去問公開】福島県教員採用試験 個人面接で質問された内容114選!」で公開しています。ぜひ活用してください!

参考 【過去問公開】福島県教員採用試験 個人面接で質問された内容114選!note

福島県教員採用試験 集団討論の傾向

集団討論は1つのテーマに沿って、集団で話し合う試験です。

試験時間は50分です。討論の流れは次のとおり。

  1. 討論テーマの発表
  2. 自分の考えをまとめる(5分間)
  3. 自分の意見を発表する(2分間)
  4. グループで討論、結論をだす(20分間)
  5. グループの意見をまとめる(2分間)

集団討論のテーマ(過去問)

これからの時代を生きる子どもたちに必要な思考力,判断力,表現力等を育成する観点から言語活動の充実が求められていますが,この基盤となるのは,「学び合う,親和的な学級集団」づくりです。あなたが担任する学級が,子どもたちにとって自分の意見を素直に述べることができ,間違っても笑われたり冷やかされたりしない安心できる環境となるためには,どのような取組が必要だと思いますか。多面的・具体的に話し合いなさい。

今日の我が国においては,都市化が進む一方で過疎化も進んでおり,そのために郷土に対する愛着や郷土意識が希薄になっていく傾向が見られます。生徒には,自分たちの力で,地域に住む人々とともに,地域社会をよりよいものに発展させていこうという自覚をもたせることが必要です。あなたは,担任する生徒に対し,「郷土愛」を育んでいくためにどのような取組をしていきますか。具体的に話し合いなさい。

平成31年度全国学力・学習状況調査の質問紙調査によると,本県では,難しいことでも失敗を恐れないで何事にも 挑戦する児童生徒の割合が増えているという結果になって います。あなたは担任として,この姿勢をより多くの生徒 に育んでいくために,どのような取組をしていきますか。 多面的・具体的に話し合いなさい。

👉【攻略】教員採用試験の集団討論で評価を上げる方法、下げる方法

福島県教員採用試験 模擬授業の傾向

自分の指導する教科に関する模擬授業があります。

試験時間は30分(構想20分+実演10分)で行います。

MEMO
主体的・対話的で深い学びを意識した授業を行うように指示があります。

模擬授業のテーマ

  • 単元名「俳句に親しもう」の 1 時間目におい て,授業の見通しをもちながら学習のめあてをつかんでい く場面。
  • 単元の第一時限目において,規則動詞の過去形を初めて指導する授業の導入の場面。
  • 保健分野「心身の機能の発達と心の健康」の「欲求と欲求不満」において自己のさまざまな欲求に気づかせ欲求の適切な実現方法を考えさせるために,授業の導入において学習への興味・関心を高めながら学習課題を把握させる場面。

👉【対策】模擬授業において講師経験は不要!むしろマイナスである理由とは。

福島県教員採用試験 小論文の傾向

小論文はテーマに沿って、自分の経験や教師感を記述する試験です。

MEMO
  • 試験時間:45分(特50分)
  • 文字数:800字(高・特900字)

試験時間は45分で、800字以内で書きます。減点されないためにも9割前後は記入できるようにしておきましょう!

小論文の過去問(テーマ)

出題されたテーマをまとめています。

✔︎小学校

「生徒指導リーフ『絆づくり』と『居場所づくり』Leaf.2」の中には、『居場所づくり』とは、児童生徒が安心できる、自己存在感や充実感を感じられる場所をつくりだすことであり、教職員がそうした場所づくりを進めることの大切さが書かれています。あなたは、学 級担任として、どのような具体策を講じながら『居場所づくり』に取り組んでいきま すか。あなたの考えを述べなさい。

✔︎中学校

いじめを苦にした自殺や命に関わる犯罪など、「命」に関わる痛ましいニュースが後を絶たない昨今、学校教育において「生命を大切にする教育」をますます積極的に進 めていく必要があります。あなたは、学級担任として、「生命を大切にする教育」に どのように取り組み、生徒が「命」の大切さや生きる喜びを実感できるようにしてい きますか。具体的な手立てを示しながら、あなたの考えを述べなさい。

✔︎高等学校

平成二十八年十二月に「学校教育法施行規則の一部を改正する省令」が公布され、今年度(平成三十年度)から高等学校においても「通級による指導」(大部分の授業を通 常の学級で受けながら、一部の授業について障害に応じた特別の指導を特別な場で 受ける指導形態)が実施されるようになり、特別支援学校のみならず高等学校の教員 にとっても、特別な教育的支援の手立てを身に付けることが急務となっています。 通常の学級における教科指導の中で、特別な支援を必要とする生徒への対応として どのようなことに留意する必要がありますか。自分自身の教科指導における対応に ついて具体的に述べなさい。

✔︎特別支援学校

児童生徒や学校の実態、指導の内容に応じ、「主体的な学び」、「対話的な学び」、「深い 学び」の視点から授業改善を図ることが重要となっています。あなたは、特別支援学 校の教員として、どのように授業の改善に取り組んでいくのか、「平成 30 年度学校教 育指導の重点」を踏まえ、任意の指導場面を想定して具体的に 記述しなさい。

✔︎養護教諭

今日、肥満やアレルギー疾患、性に関する問題など、児童生徒が抱える健康課題がま すます多様化・複雑化していることから、養護教諭には、専門性を生かしつつ、それ らの課題への対応において中心的な役割を果たすことが期待されています。あなた は、養護教諭として、自分の持つ専門性を生かしながら、児童生徒の「健康な生活を 送るために必要な力」をどのように育成していきますか。あなたの考えを述べなさ い。

👉「書けない」から「書けた!」に|「教員採用試験 論文」の極め方ガイド

福島県教員採用試験 倍率

最新の倍率から過去のものまでまとめています。

倍率の上昇低下、推移の確認の参考にどうぞ!

福島県教員採用 2019年(令和元年度)の倍率

校種 科目 受験者 合格者 倍率
小学校 505 302 1.7
中学校 国語 65 34 1.9
社会 111 20 5.6
数学 107 25 4.3
理科 65 24 2.7
音楽 28 5 5.6
美術 11 2 5.5
保健体育 138 12 11.5
技術 6 2 3.0
家庭 7 2 3.5
英語 78 25 3.1
高等学校 国語 35 3 11.7
日本史 22 3 7.3
世界史 17 3 5.7
地理 8 1 8.0
政治経済 16 1 1.0
倫理 1 1
数学 50 2 25.0
物理 13 0
化学 15 1 15.0
生物 13 1 13.0
地学 2 0
音楽 15 1 15.0
美術 12 1 12.0
保健体育 118 2 59.0
家庭 11 1 11.0
農業 21 6 3.5
商業 20 3 6.7
英語 32 4 8.0
特別支援学校 229 70 3.3
養護教諭 175 31 5.6

福島県教員採用 2018年(平成31年度)の倍率

校種 科目 受験者 合格者 倍率
小学校 602 240 2.5
中学校 国語 74 11 6.7
社会 119 8 14.9
数学 106 18 5.9
理科 65 10 6.5
音楽 34 4 8.5
美術 16 1 16.0
保健体育 131 15 8.7
技術 10 1 10.0
家庭 12 2 6.0
英語 86 23 3.7
高等学校 国語 46 4 11.5
地理歴史 59 9 6.6
公民 18 0
数学 70 1 70.0
理科 47 3 15.7
音楽 20 2 10.0
美術 14 2 7.0
保健体育 152 3 50.7
家庭 17 2 8.5
農業 16 5 3.2
工業 31 8 3.9
商業 30 2 15.0
水産 3 1 3.0
英語 53 1 53.0
特別支援学校 254 70 3.6
養護教諭 190 35 5.4

福島県教員採用 2017年(平成30年度)の倍率

校種 科目 受験者 合格者 倍率
小学校 571 161 3.5
中学校 国語 65 8 8.1
社会 114 6 19.0
数学 97 12 8.1
理科 63 7 9.0
音楽 39 2 19.5
美術 19 1 19.0
保健体育 142 7 20.3
技術 8 1 8.0
家庭 10 1 10.0
英語 92 12 7.7
高等学校 国語 50 4 12.5
地理歴史 56 5 11.2
公民 23 1 23.0
数学 89 3 29.7
理科 58 1 58.0
音楽 20 1 20.0
美術 16 1 16.0
保健体育 164 6 27.3
家庭 18 1 18.0
英語 47 5 9.4
特別支援学校 245 60 4.1
養護教諭 198 32 6.2

福島県教員採用試験まとめ

福島県教員採用試験の情報をまとめていました。

合格には多くの試験をクリアしなくてはいけません。1つずつでいいので準備を始めましょう。