【簡単】教員採用試験 おすすめの「勉強方法」を4ステップで解説!

【教養対策】福岡県教員採用試験 この勉強法で点が取れなきゃ諦めろ

この記事では「福岡県教員採用試験の勉強法」を解説しています。

勉強が苦手な人

  • 「どの科目から勉強すればいいのか」
  • 「どの科目は捨てていいのか」
  • 「どういう風に勉強していけばいいのか」

このような疑問を解消できる記事を書きました!

記事を読むことで「どんな風に勉強したら、点が取れて、合格できるのか」知ることができますよ。

先日に、こういったツイートをしています。

合格する人と不合格の人で差がつくのは「勉強のやり方」。ここを間違えて落ちる人は多いです。逆にいえば、勉強のやり方ひとつを見直すだけで簡単に合格できるということ!合格に必要なのは努力ではなく「要領」です。

それでは、勉強法を解説していきます!

福岡県教員採用試験 教養の傾向

教員採用試験の最大の特徴は「科目数が多く、範囲が膨大すぎる」ということです。

まずは福岡県で出題される試験科目を紹介します。

福岡県教員採用試験の出題科目

福岡県の問題は「教職教養」と「一般教養」の2種類から出題があります。

それぞれの科目は次のとおり。

教職教養

  • 教育原理
  • 教育法規
  • 教育心理
  • 教育時事

この4科目から出題されています。はじめて教職教養を勉強する方は「【まとめ】教員採用試験の教職教養は重要?勉強法をデータ付きで解説!」を読んでおきましょう。

一般教養

  • 人文科学
  • 社会科学
  • 自然科学
  • その他

国語や日本史などの出題があります。はじめて一般教養を勉強する方は「【まとめ】教員採用試験で絶対に知っておきたい一般教養を攻略する戦術とは」を読んでおきましょう。

これらに加えて専門教科や面接の対策までしなくてはいけません。まともに教養試験の勉強を全科目をやっていたら、とても間に合いません。

福岡県教員採用試験 過去問で出題形式を把握

続いて、過去問を見ながら「出題形式」の確認をしましょう。

問題を見ることで科目をイメージできますよ。

なお、過去問(5年分)を分析したデータを「福岡県教員採用試験 教養試験の出題分野一覧」で公開しています。併せて活用してみてください。

教育原理

次の文は、「生徒指導提要」(平成22年3月文部科学省)の「第5章 教育相談」「第1節 教育相談の意義」「1 生徒指導と教育相談」の一部を抜粋したものである。文中の( ア )~( エ )に当てはまる語句の正しい組合せを、下の①~⑤から一つ選びなさい。

 

教育相談と生徒指導の相違点としては、教育相談は主に個に焦点を当て、面接や演習を通して個の内面の変容を図ろうとするのに対して、生徒指導は主に集団に焦点を当て、行事や( ア )などにおいて、集団としての成果や変容を目指し、結果として個の変容に至るところにあります。

児童生徒の問題行動に対する指導や、学校・学級の( イ )を守るために管理や指導を行う部分は生徒指導の領域である一方、指導を受けた児童生徒にそのことを( ウ )として受け止めさせ、問題がどこにあるのか、今後どのように行動すべきかを主体的に考え、行動につなげるようにするには、教育相談における面接の技法や、発達心理学、臨床心理学の知見が、指導の効果を高める上でも重要な役割を果たし得ます。

このように教育相談と生徒指導は重なるところも多くありますが、教育相談は、生徒指導の一環として位置付けられるものであり、その( エ )な役割を担うものといえます。

 

1.特別活動   集団全体の安全  自分の課題    中心的

 

2.特別活動   きまりや秩序   所属集団の課題  補完的

 

3.教科の授業  集団全体の安全  自分の課題    中心的

 

4.特別活動   きまりや秩序   所属集団の課題  中心的

 

5.教科の授業  集団全体の安全  自分の課題    補完的

教育法規

次の(1)~(4)の各文は、「消費者教育の推進に関する法律」の条文の一部を抜粋したものである。文中の( ア )~( オ )に当てはまる語句の正しい組合せを、下の①~⑤から一つ選びなさい。

 

(1)消費者教育は、消費生活に関する知識を修得し、これを適切な行動に結び付けることができる( ア )が育まれることを旨として行われなければならない。

 

(2)消費者教育は、幼児期から高齢期までの各段階に応じて( イ )に行われるとともに、年齢、( ウ )その他の消費者の特性に配慮した適切な方法で行われなければならない。

 

(3)消費者教育は、消費者の消費生活に関する行動が現在及び将来の世代にわたって内外の社会経済情勢及び( エ )に与える影響に関する情報その他の多角的な視点に立った情報を提供することを旨として行われなければならない。

 

(4)消費者教育に関する施策を講ずるに当たっては、環境教育、( オ )、国際理解教育その他の消費生活に関連する教育に関する施策との有機的な連携が図られるよう、必要な配慮がなされなければならない。

 

1.主体的な態度  体系的  障害の有無  生活様式  食育

 

2.主体的な態度  継続的  性別     地球環境  情報教育

 

3.実践的な能力  体系的  性別     生活様式  情報教育

4.実践的な能力  体系的  障害の有無  地球環境  食育

 

5.主体的な態度  継続的  障害の有無  地球環境  情報教育

出題形式は「空欄補充」や「正誤問題」が多く、マークシートに5つの選択肢から1つを選んで解答します。

福岡県教員採用試験の時間と問題数

MEMO
  • 試験時間:50分
  • 問題数:25問

試験時間は50分で、問題数25問に解答します。

25問のうち、20問は全員必答で、残りの5問は受験校種によって問題が異なります。

福岡県教員採用試験 ボーダーライン(合格点)はどれくらい?

合格点の目安は6割です。

正確な合格点は非公表ですが、受験者の報告による自己採点でこの程度を取っているからです。

教養試験は科目数が多いわりに、1科目あたりの出題数は少ないので、基準点を下回らない程度の勉強でいいです。目標は60点!実際は50点台でも戦えます

重要

一般教養の1点問題に深入りするより、専門を極めることが大切!

くれぐれも科目の重要度とかける勉強時間の配分を間違えないようにしましょう。

点数が取れない人ほど、細かいところに拘る傾向が強いです。

福岡県教員採用試験 教養の勉強法

これから勉強をはじめる前に言っておきたいことは、「すべての範囲をカバー」しようとしないことです。

注意

点が取れない人の多くは教材を頭からやろうとしている。

冒頭でも言いましたが、そんなやり方だと試験までに間に合いません。出る科目・単元を予想し、そこだけを集中して勉強するのです。

これを意識したうえで次の3つを実践することが大切!

  • その①:勉強する科目の決定
  • その②:時間をかける部分と手を抜く部分の選定
  • その③:記憶に残すインプットの仕方

順番に解説します。

その①:勉強する科目の決定

僕が勉強するなら「教育原理」と「教育法規」に絞って勉強します。

理由は出題の50%以上を占めているからです。根拠はこちら。

福岡県教員採用 出題割合

10科目くらいありますが、2科目で56%の出題となっています。むしろ、ここで点が取れないと60点は厳しいです。

大切なのは、「出る科目」を優先して勉強することです!

だから、「教育原理」と「教育法規」に絞って勉強します。科目ごとの出題数は次のとおり。

科目 2019 2018 2017
教育原理 10 8 9
教育法規 4 6 5
教育心理 1 1 1
教育時事 4 4 4
国語 2 2 1
英語 1 1 1
政治 1 1
経済 1 1
数学 1 1 1
物理 1
化学 1
地学 1
合計 25 25 25

上記を参考にして、科目の優先順位を決めて勉強しましょう!

その②:時間をかける部分と手を抜く部分の選定

僕が教育法規を勉強するなら「教育基本法」と「日本国憲法」に時間をかけて勉強します。

なぜなら、出題率が圧倒的に高いからです!具体的には、次の図を見てください。

福岡県教員採用 教育法規の過去問

上記をみれば分かると思いますが、日本国憲法、教育基本法の出題率は直近4年間で100%です。

条文が多く、どの法律を勉強していいか悩むよりも、しっかり傾向を理解して勉強することで無駄を省くことができます。

なので、教育法規を勉強するなら「教育基本法」と「日本国憲法」に時間をかけるべき!他の条文は過去問演習や模試で確認しておけばOKです。

MEMO

教養試験で重要なことは「割り切り」です。

必要な科目・部分を徹底して鍛え、いらないところはバッサリ捨てる。この割り切りが上手な人が合格するのです。

なお、他の科目についても「福岡県教員採用試験 教養試験の出題分野一覧」で公開しています。役に立ててください。

CHECK NOW

福岡県教員採用試験 教養試験の出題分野一覧

その③:記憶に残すインプットの仕方

教養試験の多くは暗記科目です。

そのため、知識をたくさん覚えれば、その分点数を伸ばすことはできます。しかし、出題科目が多く、効率よくインプットしないと覚えることはできません。

つまり、いかに多くの知識をストックしておけるかが点数を取るために必要な要素となってくるのです。

記憶に残る暗記術を「教員採用試験に合格する「暗記の仕方」を解説|繰り返すことの重要性」で詳しく書いています。

教員採用試験で点数を取る勉強法 教員採用試験で点数を取る勉強法|復習が大切な理由を解説!

やるなら今しかない

効率の悪い勉強しかできない人は1,000時間やっても落ちます。

そして「何がいけなかったのかよくわからない」となり、永遠に合格ができません。

教員採用試験で大切なのは「やり方」です。ぜひ、正しいやり方を理解して勉強をスタートさせましょう!

CHECK NOW

福岡県教員採用試験 教養試験の出題分野一覧