【簡単】教員採用試験 おすすめの「勉強方法」を4ステップで解説!

千葉県・千葉市教員採用試験 教養の勉強法【3つのテクニックで攻略】

千葉県の教員を目指す人

  • 千葉県(千葉市)の教養試験って、どんな内容?
  • 問題数とか試験科目が知りたい
  • 具体的な勉強法が知りたい

このような悩みを解決できる記事を書きました!

この記事では「千葉県・千葉市教員採用試験 教養」をテーマに情報を公開しています。

これから勉強を始める人、点数が取れない人におすすめの内容です。

データなどを用いて解説しています。参考になるはず!

千葉県・千葉市教員採用試験 教養の傾向

千葉県(千葉市)の教養試験は一次試験に実施されます。

試験時間や問題数を確認してください。

MEMO
  • 試験時間:45分
  • 問題数:30問

問題数は30問で、試験時間45分で解答します。

出題形式は「空欄にあてはまる組合せ」や「正誤問題」が中心です。

千葉県教員採用 過去問

選択肢は5つで、マークシートの記入して回答します。

千葉県・千葉市教員採用 試験科目

教養試験の出題は「教職科目」と「一般教養」から出題があります。

試験科目は次のとおり。

教職科目

  • 教育原理
  • 教育放棄
  • 教育心理
  • 教育時事
  • ローカル(地域)

教職教養の特徴を知りたい方は「【まとめ】教員採用試験の教職教養は重要?勉強法をデータ付きで解説!」を参考にしてください。

一般教養

  • 国語
  • 英語

数学や日本史などの出題はありません。

漢字や読解問題が中心に出題されています。

千葉県・千葉市教員採用試験 教養のボーダーライン(合格点)

教養試験は50点〜60点あれば十分です。

注意

合格点は非公開。受験者の提供データを集計した結果をもとに解説。

と、いうのも後述していますが、問題バランスが極端なので高得点も取れませんし、低くなることもありません。

専門教養で点数をとる作戦なので、教養試験は60点ほどあれば十分です。

千葉県・千葉市教員採用試験 教養の難易度

出題難易度は高めだが、合格点は低い。

と、いうのも出題内容をみてもらうと分かると思いますが、地域問題と教育時事の出題数が多く、出題内容も難易度が高いです。

教育原理も出題数は多いですが、大半が学習指導要領ということもあり正答はしやすい。つまり、ここで点数がとれれば合格、とれなければ不合格とみてもいいでしょう。

千葉県・千葉市教員採用試験 教養の過去問

実際に出題された問題を見て、形式やレベルの確認をしましょう。

教育原理

次の文章は,「小学校学習指導要領(平成29 年3 月告示)第1 章 総則」の一部である。その記述として,適当でないものを選びなさい。

 

1.基礎的・基本的な知識及び技能を確実に習得させ,これらを活用して課題を解決するために必要な思考力,判断力,表現力等を育むとともに,主体的に学習に取り組む態度を養い,個性を生かし多様な人々との協働を促す教育の充実に努めること。

 

2.児童の発達の段階を考慮して,児童の言語活動など,学習の基盤をつくる活動を充実するとともに,家庭との連携を図りながら,児童の学習習慣が確立するよう配慮すること。

 

3.安全教育や外国語活動,多様な表現や鑑賞の活動等を通して,豊かな心や創造性の涵養を目指した教育の充実に努めること。

 

4.学校における体育・健康に関する指導を,児童の発達の段階を考慮して,学校の教育活動全体を通じて適切に行うことにより,健康で安全な生活と豊かなスポーツライフの実現を目指した教育の充実に努めること。

 

5.各学校においては,児童の発達の段階を考慮し,言語能力,情報活用能力(情報モラルを含む。),問題発見・解決能力等の学習の基盤となる資質・能力を育成していくことができるよう,各教科等の特質を生かし,教科等横断的な視点から教育課程の編成を図るものとする。

ローカル(地域)

「第3次 千葉県青少年総合プラン 2018~2022」(平成30年3月 千葉県)の「第3章 IIIの柱 基本目標5 基本方策11 家庭・学校・地域の連携」に関する内容として,適当でないものを選びなさい。

 

① 家庭教育が困難な状況にある家庭に対して相談対応の充実を図るなど、地域社会が一体となった支援を推進する。

 

②学校運営に支障のない範囲で学校施設を開放し,地域住民の学習の促進や体力の向上,健康の増進を図るとともに,子ども・若者と地域住民との交流を図る。

 

③ 就労等で保護者が昼間家庭にいない児童の健全育成の場である「放課後児童クラブ」の整備を推進する。

 

④ 保護者や地域住民が,ボランティアとして学校運営に参画することで、より良い教育の実現とともに、地域に開かれ,地域とともに歩む学校づくりを目指す。

⑤全ての子どもを対象に,安心・安全な活動拠点(居場所)づくりのため、放課後や土曜日等に余裕教室等を活用し,教職員の参画を得て,学習やスポーツ・文化活動,交流活動等を行うなど,放課後子供教室の取組を推進する。

 

千葉県・千葉市教員採用試験 教養の勉強法

ここでは、教養試験を効率よく勉強する方法を3つの手順で解説していきます。

これを実践することで「何から手をつければいいのか」「どうやって勉強すればいいのか」が理解できますよ。

次のとおり。

  • その①:科目の優先順位を決めよう!
  • その②:頻出分野を把握しよう!!
  • その③:得点できる勉強法を身につけよう!!!

1つずつ解説していきます。

その①:科目の優先順位を決めよう!

教員を目指している人

科目がたくさんあるけど、どれから勉強したらいいの?

結論をいえば、「教育原理のみ」でOKです。

なぜなら、出題数が圧倒的に多いからです。

2019年 2018年 2017年
教育原理 10 8 9
教育法規 2 4 1
教育心理 1 2 2
国語 2
英語 1
教育時事 7 5 3
地域問題 7 7 11

上記のとおりです。

MEMO

地域問題の出題も多いですが、範囲が絞りにくく、必ず点数を取れる保証がないためガッツリ勉強するのは逆効果。

教育時事は教育原理の対策をしておけば、正答できるものもあります。むしろ、参考書に載っていない領域から出ることがあるため、深追いするだけ無駄です。

なので、勉強すれば必ず点が取れる教育原理を中心に勉強すればいいです。

その②:頻出分野を把握しよう!!

教員を目指している人

出題数の多い科目を勉強すればいいのね!ちなみにどこが出るとか分からないよね?

科目によって、出題分野を絞ることは可能です!

例えば教育心理の出題分野をデータ化すると次のとおり。

千葉県 教育心理の傾向

「学習の理論」か「発達の理論」からしか出題がありません。

無駄に全分野を勉強するよりも、2分野に絞って勉強した方が短期間で点数を取れる確率が上がりますよね。

千葉県教員 ローカル問題

ちなみに出題が多くて、対策がしにくいローカル問題もデータ化すれば出やすい施策を知ることも可能です。

「新 みんなで取り組む『教育立県ちば』プラン」が5年間で4年も出題されていることが分かりますね。

他の科目についても「千葉県・千葉市教員採用試験 出題一覧」で公開しています。活用して楽しましょう!

CHECK NOW

千葉県・千葉市教員採用試験 出題一覧

その③:得点できる勉強法を身につけよう!!!

教員を目指している人

出るところは分かったけど、どうやって覚えたら・・・暗記が苦手です。

教養試験は基本的に暗記です。暗記の仕方さえ分かれば楽勝!

具体的な暗記法を「教員採用試験で点数を取る勉強法|復習が大切な理由を解説!」で解説しています。

勉強の仕方がわからない、悩んでいる人におすすめです。

教員採用試験は科目数は多く、対策が難しいです。

しかし、出る科目、出やすい分野は決まっているので、傾向を把握して対策すれば十分点数を取ることが可能な試験です。

ぜひ、上記を参考にして、効率よく勉強し合格を目指しましょう!

CHECK NOW

千葉県・千葉市教員採用試験 出題一覧