【簡単】教員採用試験 おすすめの「勉強方法」を4ステップで解説!

【質問内容公開】3分で分かる!愛知県教員採用試験 個人面接の傾向

愛知県教員採用 個人面接で聞かれたこと

愛知県の教員を目指す人

  • 面接って、どんな傾向?
  • 何が質問されるの?
  • どうやって対策したらいい?
  • 圧迫面接とかあるの?

このような悩みや疑問を解決できる記事を書きました!

この記事では「愛知県教員採用試験 個人面接」をテーマに情報を公開しています

面接って何が聞かれるのか、分からないから不安に思う人は多いです。

実際に277人に面接に対する不安調査をしたところ、「質問内容がわからないから不安」が1番多かったです。下記がその結果。

この記事を読むことで「傾向や質問内容、具体的な対策法」まで知ることができますよ。

面接に不安を抱えている方必見の内容です!すぐにチェックしましょう。

なお、集団討論の傾向を知りたい方は「愛知県教員採用試験 集団討議ってなに?2分で傾向を簡単理解!【テーマつき】」をご覧ください。

愛知県教員採用試験 個人面接の傾向

個人面接は二次試験に全区分で実施されます。

まずは試験時間などを確認しましょう!

基礎情報
  • 試験時間:20分
  • 面接官:3人

面接時間は20分、面接官3人から質問される形式です。面接は事前に提出する面接カード(自己アピール書)に沿っておこなわれます。

面接カード(自己アピール書)の内容

面接カードは出願時に提出する自己アピール書を指します。

内容は次のとおり。

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 自己アピール(本県の教員を目指す自分自身を自由にアピール)
    ※志望動機、今までに特に力を入れて取り組んだこと、自分の個性や長所、自己PRなど
  • 部活動の所属、記録
  • 指導できる部活動
  • 専門
  • 職歴

具体的な書き方やポイントを「教員採用試験 願書の書き方次第で合否が決まる理由とは」でまとめています。参考にしてください。

場面指導に注意

個人面接の冒頭で3分間の場面指導が実施されます。

詳細を「愛知県教員採用 場面指導は1番重要?出題テーマを確認して攻略せよ」でまとめています。併せて確認しましょう。

圧迫面接ってあるの?

結論をいえば圧迫面接は、ほぼありません

毎年、情報提供をしてもらっていますが、ここ8年間で実際に質問された内容を確認して、圧迫面接と思われる質問はありませんでした

実際に面接官マニュアルにも「受験者を不快にさせないように」って書いてあることが多くなっています。

最近は〇〇ハラとかコンプライアンスとか問題になっていますからね。

圧迫面接はないでしょう。

愛知県教員採用試験 個人面接の質問内容

面接で質問された内容って、とても気になりますよね。

受験者から提供してもらったデータを公開します!参考にしてください。

注意

無断での複製・転載等を禁じます。

自分なりの考えをハッキリ言うことができるか練習してみましょう!

  • 1 理想の教員像を教えてください。
  • 2 理想の教員になるために頑張っていることはありますか。
  • 3 目標とされる教員になるために、どんなことに気を付けたいですか。
  • 4 明るい職場であるために必要なことは何だと思いますか。
  • 5 保護者との信頼関係を築くために必要なことは何だと思いますか。
  • 6 部活の経験から、どのようなことを教育に活かせると思いますか。
  • 7 不登校の子にどう対応しますか。
  • 8 不安を解消するには、どうしたらいいですか。
  • 9 板書は得意ですか。
  • 10 日々努力をしている中で、気づいたことはありますか。

上手く回答することができましたか?

なお、もっと質問内容を知りたい方は「愛知県教員採用試験 個人面接の質問集」をご覧ください。

このデータを活用して、質問に対するシミュレーションをしましょう!

そして印象を磨いていけば面接の対策はバッチリですよ!

聞かれた質問内容をチェック!

個人面接の質問リスト114を見る

【3つの手順で攻略!】愛知県教員採用試験 個人面接の対策

次のとおり。

  • その①:自己分析
  • その②:自己練習
  • その③:実践練習

順番に補足します。

その①:自己分析

面接の根幹となるのが「自己PR」と「志望動機」です。

この2つがしっかり出来ていれば、どんな質問をされても返答することができます。

そのためには、自己分析に時間をつかうことです。

自己分析の方法については「教員採用試験 願書の書き方次第で合否が決まる理由とは」で解説しています。参考にしてください。

その②:自己練習

自己分析ができたら、面接集を使って、練習していきましょう。

多くの質問に対して、自分の言葉で話す練習をするわけです。ここで話せないことには、本番でも話せないので練習は必須。

愛知県で質問された内容を知りたい方は「愛知県教員採用試験 個人面接の質問集」をご覧ください。

聞かれた質問内容をチェック!

個人面接の質問リスト114を見る

その③:実践練習

ある程度、自分の考えを言えるようになったら、面接官に指導してもらいましょう。

面接は自分ができていると思っても、評価に直結する試験ではありません。面接官が納得しない限り評価は高くならないのです。

そのためには、客観的な意見をもらいながら、誰に対しても好印象を与えられるようにしておく必要があります。

具体的な方法を「【合否に直結】教員採用試験 個人面接が上手な人は受かりやすい」でインプットしておきましょう。

愛知県教員採用試験 個人面接は印象が大切!

面白い話があります。

アメリカにあるリーランド・スタンフォード・ジュニア大学(スタンフォード大学)が実験したデータによると、プロの面接官が数時間かけて面接した人物の印象(好感度)と、一般人が同じ人物を15秒ほど面接したときの印象(好感度)はほとんど同じだったそうです。

つまり、面接官が時間をかけて評価したとしても、「第一印象に縛られた評価をしてしまいがち」ということが実験から導き出されました。

それだけ第一印象(好感度)が評価を左右するということを意識して対策をはじめましょう!

聞かれた質問内容をチェック!

個人面接の質問リスト114を見る