【簡単】教員採用試験 おすすめの「勉強方法」を4ステップで解説!

愛知県教員採用 場面指導は1番重要?出題テーマを確認して攻略せよ

愛知県教員採用 場面指導のテーマ

愛知県の教員を目指す人

  • 場面指導ってなに?
  • どんなことするの?
  • 傾向とか知りたいな。

こういった質問を解決できる記事を書きました!

この記事では「愛知県教員採用試験の場面指導」をテーマに情報を公開しています。

愛知県教員採用では二次試験に場面指導が実施されます。

最近の教員採用試験は「実践的な指導」ができる人物を求める傾向にあります。

教育現場で起こりうる場面に遭遇したとき、教員として正しい行動を取ることができるかを試験でも判断しようとしているんですね。

役立つ内容を書いているので、参考にして場面指導を攻略してくださいね。

なお、個人面接の傾向を知りたい方は「【質問内容公開】3分で分かる!愛知県教員採用試験 個人面接の傾向」をご覧ください。

愛知県教員採用試験 場面指導の傾向

個人面接の冒頭に場面指導が実施されます。

場面指導とは

教育現場で想定される場面を実演させることで受験者の指導力や教師としての能力を見る試験です。

試験時間は3分です!流れを確認しましょう!

 

場面指導の流れ

場面指導の流れは、次のとおり。

  1. テーマの発表(2回)
  2. 考えをまとめる(30秒)
  3. 実演する(2分30秒)
  4. 場面指導に関する質問に答える

ストップウォッチで時間を計られており、オーバーすると途中で終了させられます。

当然ですが、時間オーバー=減点ですので注意しましょう。

愛知県教員採用試験 場面指導のテーマ

 

場面指導を攻略するには、たくさんのテーマに触れて、実践練習をすることです。

出題されたテーマと追加質問の内容を note(愛知県教員採用 場面指導のテーマ12選)で書いています。

ぜひ、活用して場面指導を攻略してくださいね。

CHECK IT

noteで続きを読む